投資

ドルコスト平均法は損でも得でもない投資方法です。しかし、サラリーマンにとってはドルコスト平均で投資するのが無難な理由。

ドルコスト平均法をリスク低減と言われたりしているが、ドルコスト平均法でりすく低減にはならない。

以前にもこのサイトでドルコスト平均法について書きました。しかし、意外とドルコスト平均法でリスク低減になると考えている人がまだ多くおられるので改めて記載いたします。

まず、ドルコスト平均法とは、

「一定期間ごとに、一定金額で、同じ投資対象を買い付ける投資方法」

のことをいいます。
毎月同じ日に決めた金額、たとえば1万円を株などの金融商品を買い続ける投資方法のことです。会社などでの持株会や財形などはドルコスト平均法で購入されている場合が多いです。そこの募集要項などにはドルコスト平均法のメリットみたいなかたちで記載されていたりしてリスク低減につながるかと誤解される方も多いかと思います。

ドルコスト平均法はリスク低減にならないし損も得もない投資方法にすぎない

世の中の情報でドルコスト平均法はリスク低減につながる投資方法と勘違いしている人も多いと思います。しかし、よくよく考えると100万円を1ヶ月に1万円づつ投資して、100ヶ月後に100万円投資した状態になるのと、100万円を一気に投資するのとではリスクの取り方が違います。

結局、投資と言うのは自分が取ったリスクに対してリターンが得られるかの話です。

100万円を一気に投資した場合は100万円のリスクを取って投資しています。しかし、1ヶ月づつ投資する方法は最初の1ヶ月目では1万円のリスクしか取っていません。なので、リスクとリターンの関係から考えた場合、100万円を一気に投資した場合は100万円のリスクを抱えるかも知れないですが100万円分のリターンも期待できます。一方、1万円づつ投資した場合は最初の1ヶ月目では1万円のリスクに対して1万円のリターンしか得られません。

機会費用の損失になる可能性があるのがドルコスト平均法の弊害

せっかく投資する金額を持っているのにそれを分割投資していくのは得られるはずのリターンが得られない可能性が出てきます。なので、機会費用の損失になる可能性があるということです。確かにリスク分散として分割投資することは一つの考えかと思います。

一気に投資して大きく株価が値下がれば損失が大きくなります。それは一気にリスクを取ったことの結果に過ぎません。逆に値上がれば利益も多く得られるので損も得もないのです。値下がりが分かっていれば分割して投資するのもやめた方が良いのです。しかし、将来の株価など誰も分かりません。なので、100万円まとめて投資した方が良いか、ドルコスト平均法で投資した方が良いかは自分がどれだけのリスクを許容できるかの問題としてとらえるのが正解です。

100万円をまとめて投資しても自分のリスク許容度として問題なければ、まとめて投資した方が効率的です。しかし、100万円まとめて投資して損をした場合、生活が出来なくなるようでしたら分割して投資するべきなのです。

結局は今現時点でどれだけの投資金額のリスクが取れるかで投資判断をしていくべきなのです。

サラリーマンにとってはドルコスト平均法で投資するのが最強の投資方法になる。

まとまって投資出来る金額を持っていれば、まとめて投資する方が効率的だと前述致しました。しかし、サラリーマンの場合は毎月の収入はだいたい一定です。年2回ほどのボーナスで、まとまったお金が入るかと思いますが、だいたい住宅ローンなど使い道が決まっていたりする家庭が多いと思います。なのでサラリーマンの場合は定期的に一定金額を貯金するように投資して行くのが現実的な投資方法になります。毎月、取れるリスクを精一杯取っていくことが、たまたまドルコスト平均法で投資しることになるだけです。

サラリーマンがドルコスト平均で投資する場合に気をつけること

ドルコスト平均法は損も得もないと記載しましたがドルコスト平均法の弊害もあります。それは、

・前述しました機会費用の損失

・手数料の増加

です。

投資対象を分割で購入するということは購入ごとに購入手数料が発生します。なので、一気に投資するより分割で投資すればそれだけ毎回購入手数料が発生してしまいます。これは純粋な損失になります。

ドルコスト平均で投資をするなら「つみたてNISA」で投資することをおすすめします。

つみたてNISAは毎年40万円を上限に非課税で投資が出来ます。なので、毎月33,333円投資出来るお金があるのでしたら、つみたてNISAで積立投資をすることをおすすめします。毎月33,333円投資すると生活が厳しいと言う人がいれば、なるべく節約を心がけ少なくとも毎月33,333円捻出できるように生活改善するの方が良いです。非課税枠の上限いっぱいの33,333円を投資出来るようがんばってみて下さい。

サラリーマンにおすすめの「つみたてNISA」によるドルコスト平均法の購入商品の照会

ドルコスト平均法の弊害である購入手数料ですがノーロード(購入時の手数料がゼロ)の投資信託に投資するのがベストです。そうするとドルコスト平均法の弊害を排除できます。

具体的には、

 ・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

・積み立て金額33,333/月

を行っておけば大丈夫です。後は何も考えずにひたすら投資するだけです。

楽天証券で楽天カードの引き落としで投資すると楽天スーパーポイントがもらえる。

楽天証券に口座をお持ちの方がいましたら「つみたてNISA」を楽天カードからの引き落としにするのがおすすめです。そうすると投資金額の1%分の楽天スーパーポイントがもらえます。上限50,000円/月まで1%分の楽天スーパーポイントがもらえるので年4ヵ月間投資をせずに5月から12月まで50,000円/月の積立投資をするのも一つの手かも知れません。ただ、購入を忘れるのには注意が必要です