節約

お金の相談は誰にするべきか。FP(ファイナンシャル・プランナー)が一番。

お金の相談を身内にするのは危険

お金について誰かに相談するというのは良いことです。あまりお金の知識がない人がそれなりのお金を手にしたり、または貯蓄が出来た場合にどのように運用するかを人に相談するのは悪くないと思います。

しかし、相談する相手は気をつけないといけません。本当に親身になって相談にのってくれる人は限られています。なので、間違った人に相談してしまうとトラブルになりますのでご注意ください。

まず、一番の相談相手は身内になりますが、身内が金融機関などに努めていたりして、それなりの専門性をもっているのなら相談相手として問題ないと思います。

ただ、特に専門家ではないが株やFXで儲けたぐらいの人に相談すると危険です。リスク評価に対してすごく甘い場合があります。

それなりに会社の将来性や財務諸表を読んだりして勉強をしていたりするのかも知れませんが、その人の投資手法をそのまま再現性を持って真似するのは難しいです。

しかし、身内にお金の話をする場合、変にトラブルになる可能性もあります。自分の総資産を身内に教えたりすると、いろいろな面であてにされたり、お金を貸して欲しいと言われかねません。

専門家に相談しましょう。

なので、専門家に相談するのが一番の得策です。そこで考えられる専門家としては、

 ・FP(ファイナンシャル・プランナー)

 ・銀行員

 ・証券マン

 ・生命保険の外交員

などでしょうか。

ここで絶対に相談してはいけない相手は、

 ・銀行員

 ・証券マン

 ・生命保険の外交員

です。なにがあっても絶対に避けるべきですね。

相談無料は危険

この方々へ相談する場合、「相談は無料」と言うのが多いです。彼ら(彼女ら)に相談すると丁寧に接してくれて、気持ちよく相談できます。なぜなら、相談相手と言うよりお客様だからです。

彼ら(彼女ら)はお金の専門家であるまえに金融営業のプロです。そして、なにより気をつけて欲しいのが金融マンの営業能力を甘くみないことです。

金融機関の会社名と紳士的なしゃべり方で信頼がおけるように見えますが、高い手数料の金融商品をすすめてくる可能性が高いです。彼ら(彼女ら)はあなたの将来の経済設計の心配よりも自分たちの営業ノルマの方が心配なのです。相談相手としては絶対に選んではいけない相手です。

FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談が一番

それでは残りのFP(ファイナンシャル・プランナー)はどうでしょうか。FP(ファイナンシャル・プランナー)は、それぞれ得意な専門分野を持っています。なので、自分が相談したい内容について高い専門性を持っているかが重要です。自分が求めている分野の専門性を持っている人に相談して下さい。

ただ、FP(ファイナンシャル・プランナー)の中には生命保険の代理店をしていたり証券仲介業に関わっていたりする人もいます。または、住宅ローンを紹介して紹介料をもらっていたりしている人もいます。

FP(ファイナンシャル・プランナー)も利益を上げないといけないので、このような形態で商売するのは仕方ないですが、アドバイスとしては信頼性に欠けます。

完全にアドバイスだけで商売しているFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談するのが理想的です。そのような人がおられたらその人に相談するのが一番でしょう。

最後に

金融アドバイスに対して「無料相談」が多くあるります。なので、アドバイスを受けるのに料金を払うのに抵抗があるかも知れません。

しかし、アドバイスに対して適正な価格をお支払するのは健全で、恐らくそのアドバイス料を払うことで大きな損失を回避することの利益は大きいです。

金融アドバイスに対して適切なアドバイス料を支払うのが一般的になれば金融業界も健全化されて高い手数料の金融商品を売るビジネスが減るのではないでしょうか。

「無料相談」を謳い高い手数料をの商品に誘導するビジネスモデルはいかがなものかと思っております。