経済

労働収入だけではお金持ちには絶対になれません。資本家になる道を選んで少しでもお金持ちになる道を歩むべきです。

労働者階級と資本家階級では圧倒的に資本階級が有利な社会構造になっている。

労働者階級の人と資本家階級の人では貧富の差が広がっていきます。労働収入だけではなかなかお金も持ちになれないのです。会社を起業したりして成功を収めることが出来ればお金持ちになることは可能ですが、普通のサラリーマンや雇われの身分だと搾取される量が大きいので資産を増やしていけません。単純な話ですが不動産という資産がある家に生まれた人で、実家に住み続けることが出来れば家賃という住居費がかかりません。それだけでも一般の労働者に比べて圧倒的に有利です。資産は何かしら自分に利益を生み出してくれるものを言います。著作権収入などの権利収入なども資産と言っていいと思います。

日本では資本家になる敷居は低いので資本家になるべき

しかし、一般のサラリーマンや普通の人はもともと資産を持っている人は少ないでしょうし、また権利収入を確保できるだけの才能を持っている人もごくわずかです。それでは普通の人はお金持ちになれないのでしょうか。答えはNoです。幸いなことに日本は資本主義社会です。一般の人でも資本さえあればお金持ちになることは可能なのです。また、ネットワークのインフラも充実しているので、今では誰でも資本家になることが可能です。一般の人でもネット証券口座を作れば海外の株式も購入することが出来ます。楽天証券なんかは楽天スーパーポイントで投資が出来るのです。ものすごく投資をする敷居は下がっています。誰でも簡単に世界中の株を手にすることが出来るのです。

日本人は投資に対するリスクを過大評価し過ぎです。過去に囚われてはいけません。

だけど、多くの日本人はリスクを恐れて株を買おうとはしません。元本割れや損をするのが怖い為、投資に手を出すのに躊躇してしまいます。それは、恐らく日本人は株式投資にいいイメージがありません。過去に不動産バブル崩壊で多くの不良債権が社会問題となり、バブル期に羽振りの良かった社長さんが破産したりしました。また、株式投資もNTT株に象徴されるように一般の人たちも株で大きく損をした人たちもいっぱいいたのです。なので、株は怖い不動産投資は危険というイメージが刷り込まれてしまいました。なので、投資をするより堅実に貯金をしておく方が安全かつ確実だと思うようになってしまっています。

トマ・ピケティ氏が発表した「21世紀の資本」を参考にしましょう

2014年末に「21世紀の資本」という本が世界中で販売され日本でも大ヒットとなりメディアでも大きく取り上げられました。この本は700ページ以上もあり、一冊6,000円もしてなかなか難しい本にもかかわらず大ヒットしたのです。著者はフランスの経済学者であるトマ・ピケティ氏で彼は世界各国の所得や富に関する過去200年の膨大なデータを集め研究した結果、資本収益率は常に経済成長率よりも高いという事実を突き止め、数式「r>g」で表しました。

労働者収入では資本収益にはかなわない。早く資本収益を得る側に回る必要がある。

資本収益率は r、経済成長率は g を指します。簡単に言いますと投資に対するリータンは常に労働のリターン上回っているということです。労働者がいくら懸命に働こうとも、投資家が得るリターンは労働者の3倍もの収入を生み出していることを数値として証明しました。このことについては世の中の人は常識的に分かっていたと思います。しかし、過去200年のデータと共に実際の数値を突き付けられた時に大きな衝撃になったからこそ大ヒットしたのでしょう。トマ・ピケティ氏は株式投資を推奨してこの本を発表した分けではありません。彼は資本家と労働者の間でこれからもどんどんと貧富の格差が広がることに警笛を鳴らしたのです。貧富の格差が一旦広がるとなかなかちぢめることが出来ません。国か累進課税を強化したりして一種の強制力を持って富の再分配をしない限り貧富の差は広がるばかりです。しかし、富の再分配を強化して累進課税を強化したり貧しい人に富を分けあたえると頑張っても報われないと思われ社会的な発展が阻害されたり、社会主義的になってしまいます。なので、簡単に貧富の格差をなくすのは難しいのです。国は基本的に国民の生命財産を守るために存在します。それをある種の強制力をもって金持ちから富を奪うにはそれなりの正当性がないと出来ません。貧富の格差解消が国民でどれくらい受け入れられるかが問題になります。

これからどのように行動するのが得策か

さて、貧富の格差が広がる恐れのある現代において、我々はどのように行動したら良いのでしょうか。それは資本家になることです。トマ・ピケティ氏は資本家になれとは言ってませんが資本家がこれからも富を独占して行くと言っているに等しいです。なので、その事実を考えるなら少しでも資本家になるように努力することが肝心です。幸いなことに日本に生まれたのですから資本家になることが容易にできます。今、労働収入だけしかない人は、労働で稼いだお金を少しでも株式投資にまわすべきです。労働収入より資本収益の方が効率がいいのですから。今後は資本家になる道を選んだ人とリスクを恐れて資本家にならずに労働収入をひたすら貯金だけの人と差が広がっていきます。日本に生活をしていたらどちらの道も選ぶことは可能です。選択するのはあなた次第になります。