雑記

今の銀行業界は経営が厳しいです。個人としては銀行には近づかない方が安全です。

地方銀行は減益で苦しんでますが、銀行業全体が苦しい

全国の地方銀行の2019年3月期決算で55行が最終減益だったようです。

超低金利の影響で本業の収益が伸びなかっただけでなく、不良債権処理の費用も前の期に比べて約3倍に膨らんだようです。

国内の景気拡大局面が続いてきても地方銀行は稼ぐことが出来なかってようです。

地方銀行もメガバンクも苦しい

しかし、これは地方銀行だけではありません。

メガバンクでも収益を上げるのに苦労しており、株価もずっと低迷しております。

この超低金利は銀行業界を苦しめているようです。

かつて、地方銀行といえば地方出身者の優良就職先でした。

今や危ない就職先になってしまっています。

今後も銀行は支店などの統廃合が進んでいくことが予想されています。銀行業はなかなか、厳しい状況かと思います。

超低金利解消しても苦しいと思う

今の超低金利が原因で苦しんでいるなら良いですが、金利が上昇しても地方銀行は経営が苦しいのではないでしょうか。

今の地方銀行は経営が厳しいのでリスクの高い投資をしていることが予想されます。

2019年3月期決算で、55行が最終減益でしたが、赤字はスルガ銀行だけです。

スルガ銀行はシェアハウス問題で不正融資などが大きく報道され社会問題になりました。

返済能力のない人の信用情報を改ざんしたりして不正に融資を行っていたことが明るみになりました。

このことについて深く触れませんが、恐らく地方銀行は収益を上げるために多かれ少なから危ない投資や融資をしているのではないかと想像します。※違法なことはしていないと思いますが。

地方銀行の国債保有率の高さも気になる

スルガ銀行はたまたま明るみになりましたが、地方銀行が収益を上げるためには都市銀行がやらないようなリスクの高いことをやっていかないと経営が厳しいのだと思います。

また、2018年の後半の報道では、地方銀行で国債保有残高に占める長期債の割合が上昇しています。2017年度末では都市銀行の3倍となったといわれています。

これを見ると今後、超低金利が解消され金利が上昇しだすと国債価格が下落してバランスシートを毀損する可能性も出てきます。

過剰な心配かも知れませんが、将来、破たんする地方銀行が出てくる恐れを感じています。

個人としての対策

そのような状況下の中、個人としてどうしたら良いでしょうか。まず、家族や親せきで地方銀行に就職しようとしている人がいれば全力で止めた方がいいです。

メガバンクなら大丈夫でしょうが地方銀行は、将来的になかなか厳しいように思います。

預金保護対象範囲に預金をおさえる

また、預金は必ず1,000万円以内にして、預金保護法の対象範囲内にしておく必要があります。

預金保護の範囲内であっても、いざ倒産すると引き出し等に、いろいろな手続きが必要になったり、すぐに引き出せない恐れもあります。

なので、普段の決済で利用しているのなら銀行を変えることも考えておいた方がいいです。

また、普段、気にしていないと思いますが、今後は地方銀行の与信情報は気にしておいた方がいいかと思います。

銀行業は将来的に厳しい業種かも知れない

最近では地方銀行だけでなく、銀行業の将来性に疑問視するニュースもよく目にするようになりました。

30年前の時価総額ランキングでは、世界の10位以内に銀行が5行も入っていました。

世界、

 ・2位が日本興業銀行

・3位が住友銀行

・4位が富士銀行

・5位が第一勧業銀行

・7位が三菱銀行

です。

今となっては吸収合併などを繰り返し、30年前のかたちで残っている銀行はありません。

また、統合して大きく成長していればいいですが、今は世界時価総額ランキング10位以内に入る銀行は一つもありません。

それどころか今後、支店を統廃合していき、リストラも加速させるとの報道されており銀行業全体の未来は明るくないのが現状です。

今後は個人にとってはネット銀行が支流になってくるのではないでしょうか。

銀行は経営が苦しいので近づかない方がいい

銀行が苦しいことはお分かり頂けたかと思います。

結局、何が言いたいかといいますと、今の銀行は利益を上げるために必死になっていると想像します。

なので、なるべく銀行に近づかない方がいいです。個人について言えばネット銀行の取引で十分です。

銀行の窓口や営業マンに会っても何のメリットもないのです。

銀行から住宅ローンを借りる人が銀行員の担当と話すぐらいは必要かもしれませんが、それ以外で会う必要はないです。

資産運用の相談は絶対にやってはいけない

ましてや自分の資産の運用の方法などを相談するのは銀行のカモになるだけです。

アベノミクスで景気の拡大局面が続き株価も上昇していきましたが、銀行員のいいなりで資産を運用してしまった人は大きな損をしたのではないでしょうか。

彼らは回転売買などを顧客にさせて手数料収入を上げるのに必死でした。

なので、顧客のことを考えて仕事をしている人は少なく、自分のノルマのために仕事をしている人たちがほとんどなのです。

今の銀行は顧客に害を与える存在となっていると言ってもいいです。早く潰れてくれた方が個人顧客にとっては利益になるのかも知れません。

銀行もノルマを廃止して反省しています。

最近ようやく三井住友銀行など多くの銀行で銀行員のノルマの廃止を表明しています。

人事評価も投資残高などを基準に評価するように変更すると言われています。※少しは反省されているようです。

しかし、前まで皆さまをだましてごめんなさい。今から仲良くして下さいね。と言われても疑問に思いませんか。

なので、私個人としてはこれからも銀行に近づくと痛い目に合うと思っています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村に参加してます。クリックして頂くと有り難いです。