節約

持家派と賃貸派どっちが得か

日本の住宅事情

私は賃貸に住んでいます。通勤時間は結構かかるので都市部からも結構離れています。

しかし、日本のサラリーマンはすごいもので、私より遠くから都内に通勤している人も多くいます。日本の住宅事情は厳しくて普通のサラリーマンが都内23区内に住むのはなかなか大変です。都内の家賃を払えるぐらい稼げるサラリーマンはエリートサラリーマンぐらいか会社経営、自営業者などの富裕層ぐらいでしょう。私のような底辺サラリーマンには難しいです。

持ち家比率の低下

よく賃貸が得か持ち家が得かの論争は永遠のテーマと言われるぐらいあちらこちらで言われます。この論争、実はナンセンスです。結局、自分が得と思った方を決断するだけなのです。ですので、どちらも得も損もないかと思います。ただ、経済的にいったら現状は賃貸の方が得かと思います。あくまでも現状の状況からしたらです。また、個人の事情も人それぞれ違うので一概には言えません。

今の日本の持ち家比率は年々下がっています。待ち家比率の高いのは60代以上で80%以上が持ち家だそうです。それが年齢が若くなるにつれて持家比率が下がっています。

若者の所得が上がっていないなどの事情もあるかと思いますが、所有意識は昔より下がっているように思います。

賃貸がお得な理由

経済的に考えたら賃貸が得だと考える理由としては、

 ・人口減少で空き家が増える(不動産価格が低下していく)

 ・固定費は少なくした方が良い

 ・家族構成が年齢ごとに変化する

などが言えます。

今後、日本の人口は年々下がっていくのは事実ですので、大量の移民を受け入れることがない限り不動産価格はが下がると考える方が自然です。

なので、今から資産価値が低下しない不動産を購入するのは、素人には難しいです。確かに人口が減少しても都市部の利便性の高い物件は、それなりの価値で維持すると思います。

人口が減少すると、どんどんとスモールシティー構想が広がると思うので、逆に都市部の不動産価値は上げる可能性もあります。しかし、そのような物件はすでに高値で取引されてますし、不動産の専門家でない一般の人が資産価値が低下しない物件を見つけるのは至難の業です。

不動産所有は固定費です

また、私は常々、節約するには固定費を少なくした方が良いと言っております。家を購入すると毎月の支出が固定費となります。

しかし、家賃は変動費です。生活や収入の変化に対して見直しが出来ます。なので、なるべく固定費を持つのは慎重に検討した方がいいです。

そして、家族構成も年齢と共に変化します。子供が居るときは3LDKぐらいの部屋が理想的と思います。しかし、子供が独立して家を離れると夫婦2人になります。

その際に3LDKだと広すぎます。広いと優雅かもしれませんが掃除や維持管理を考えたら余分なスペースを持つ負担のはよく考えるた方がいいです。なので、賃貸の方が圧倒的に得だと思います。

老人になると賃貸が借りれなくなる?

持ち家派の人には、老人になった時に賃貸で家を貸してくれなくなると危惧される方もおられます。しかし、私はそれほど心配しておりません。というのは人口減少で空き家率が上がれば需要と供給のバランスを考えると借り手が有利になります。

高齢化社会で老人に家を貸さなかったら不動産賃貸業としては経営がかなり厳しくなります。確かに、私が社会に出た20年以上前は賃貸を借りるのに保証人は必須でした。しかも、連帯保証人です。保証人をたてなくてよい物件など皆無でした。

昔は大家と店子の関係は本当にいびつでした。大家が部屋を貸してやっているという意識が高い大家が多かったと思います。

なので、昔の人は持ち家を持ちたがる心理が働いていたと思います。今は純粋にビジネスとして賃貸業を営む個人オーナーの方も増えました。なので賃貸業もだいぶ意識が変わったと感じてます。

また、保証人も保障会社などもあり保証人がいない人でもだいぶ借りやすくなりました。時代と共に需要にあったビジネスが拡大していきます。 なので、将来、老人でもある程度、滞納リスクを保障すれば借りるのに困ることは、なくなっていくと思っています。※あくまでも予想です。

持家を買ってもいい場合

しかし、持ち家が完全にダメかと言えばそうではありません。やはり個人の事情によって変わります。今は、超低金利ですので、個人が住宅ローンを組むにはチャンスです。また、住宅ローン控除が10年間つかえます。※消費税導入後は13年に変わります。

10年間、1%の控除が受けられるので0.5%でローンが組めたら毎年0.5%の優遇を受けながら住宅を購入することが出来ます。また、両親などからの頭金などの支援が受けられるなら購入した方が得だと思います。また、相場より安くで住宅が買えるチャンスがあるなら購入するべきです。

中古住宅なら検討に値するのでは?

ただ、両親からの援助などのない普通の一般人からしたら賃貸に軍配が上がると思います。大きな理由は新築住宅があまりにも高いからです。

日本は新築信仰が高いので新築を購入して登記した瞬間に大きく価値が下がります。それを考えたら新築で住宅を買うのは経済的な損失が大きいです。購入して損になることが少ない可能性のある物件は主に中古住宅になるかと個人的には思います。

中古住宅でよい物件があれば購入しても良いかも知れませんね。参考になりましたら幸いです。