節約

サラリーマンこそ節約生活を心がけるべき(給料はなかなか上がりません)

サラリーマンこそ長期投資をするべき

サラリーマンでお金持ちになろうと思えば投資をしないとお金持ちになるのは難しいです。サラリーマンは経営者などと違い毎月定期的に会社から給料をもらい生活をしています。なので、毎年定期昇給があるにしても、急に給料が倍になることは、ほぼありえません。

また、給料の一部を将来のために貯蓄するにしても、今の低金利ではなかなか増えないのでお金持ちになるのは極めて難しいです。

それだったら、何か得意分野で起業をするのもお金持ちになる方法としてはありだと思いますが、企業の成功率は極めて低いです。よっぽどのやる気と根性と才能がないと、なかなか成功まで導くことは出来ません。

なのでごく一般的なサラリーマンがお金持ちになるにはインデックス投資をして長期に保有するのが最善の策だと考えます。

しかし、ごく一般的なサラリーマンが投資でお金持ちになるための資金が手元にあるとは思えません。なので給料の一部を毎月積み立て投資をしていくしかないのです。この積立額は毎月多ければ多いほど資産形成は大きくなります。当たり前ですが。少しでも積立額を多くする必要があります。

サラリーマンは節約するしかないです

なので、少しでも積立額を多くするには日々の節約を行うことが非常に大切です。節約をしっかり出来て少ない生活資金で毎月の生活を送れるスキルを身につければお金持ちになることは可能です。一度生活レベルを上げてしまうと下げることがなかなか出来なくなります。

節約が日々出来るというのは収入を上げるスキル並みに重要なスキルといえます。

ただ、やみくもに節約をするとストレスになり日々の生活が楽しくなくなります。なので、節約も行きすぎると良くないのでご注意ください。節約も楽しくやる必要があります

節約は毎月の固定費から

節約のコツは固定費から見直すことです。これは以前に記事に書きましたが毎月定期的に出て行くお金は一番先に見直しましょう。

個人相手に商売をしている企業は毎月安定した収益を確保したいと思っています。なので、定期的な契約を何かにつけてしてもらおうとしています。なので、日々当たり前に支払っている定期的な支出から見直して下さい。特に大して必要がないのに契約しているものもあるかも知れません。

毎月、確実に支出しているものを少しでも少なくするのは節約の基本です。

毎月の支出を見直す例を少し上げます。

 ・家賃 →世間相場より高くないか相場を確認

 ・保険 →高額医療制度があるので過剰な保険は不要

 ・車  →維持費を考えて車種を変更することは可能か(原付でも大丈夫か検討)

 ・通信費→格安スマホに変更可能か

 ・新聞 →不要又はデジタル契約に変更

 ・NHK →年間支払に変更

などは見直せるならすぐに見直すと効果が早く出ます。

また、健康サプリ定期購入やネットや雑誌の定期購読、視聴も本来はやめた方がいいです。必要なものを必要な分だけ購入する方が安い場合があります。

定期購入しているものは現在の利用頻度と単発で購入した場合を比較して継続するか検討してみて下さい。毎月定期的に支払うお金は固定費と考え、それ以外の支出は変動費として考えます。変動費は日々の工夫で減らす必要があります。

変動費は無理をしない

ただ、変動費を無理に節約するのはおすすめしていないです。ここを無理するとストレスになるます。過度な節約はダイエットと一緒で続きません。続かないと効果が半減します。なので長い目で節約していくことが大切です。日々の思考を少しづづ変えていくのです。ただ、常識の範囲を超えた浪費はすぐにやめる必要がありまが。

コンビニ買いや健康に気をつける

日々の消費は少しづづ見直して下さい。まずはコンビニの買い物を当たり前にしないことです。 また、たばこを吸っている人はやめた方がいいです。しかし、これは嗜好品なので過度にストレスになるなら止めないほうがいいです。ただ、健康を害する嗜好品は、のちのち医療費にもつながるのでなるべく早めに止めた方がいいです。健康も節約する上で重要です。また、缶コーヒーやお茶などを当たり前に自動販売機で買うのは無駄です。なので、なるべく水筒を持ち歩くべきです。

変動費の効果は限定的

ただ、変動費は努力の割に効果は少ないと感じます。なので、どちらかと言うと自然と節約思考にしていくことが重要です。すると自然と無駄な浪費がなくなり変動費も減ってきます。

最後に

変動費の見直しで一番効果が大きいのは外食費を抑えることですかね。外食を当たり前にすると変動費が大きく跳ね上がります。ご注意ください。

しかし、お金は本来使うものというのも事実です。なので多少の出費などは気にする必要はないです。それより稼ぐことを真剣に考えた方が生産的です。変動費は一時的な消費ですので無理をするより少しづづ減らしていくことで十分です。それが、毎月のように続いたり増え続けていたら問題ですが、今月は消費が多かったので、来月は少し減らそうと考え、臨機応変に対応した方が節約は長く続きます。長い目で節約思考に変更して行って下さい。そうするといずれ変動費も減ってきます。