投資

スペックが低い人ほど株式投資をするべき

【1】株式投資は平等

サラリーマンなどは年功序列があり、更には学歴、年齢等で給料も変わります。人事評価もよく分からないなんてことはザラにあります。

ただ、株式投資は全ての人に平等です。どんな人にも一株は一株の価値しかないのです。配当も同じだけ分配されます。※厳密にはいろいろな種類の株がありますが。

いわゆる、株主平等の原則です。

【2】低スペックだからこそ

私は明らかに低スペック人間です。会社では10歳ぐらい下の人と同じぐらいの給料です。会社という年功序列の世界で同世代と同じ給料まで持っていくのは至難の業です。

中途入社の上、ギリギリ入ったので仕方ありません。しかし、アイツより仕事してるのに、という気持ちになることがあるのも事実です。これは仕事をしている人は誰しもが思ったことがあるのではないでしょうか。

ただ、それは会社内の話です。株式投資では仕事が出来る出来ないは関係ありません。逆に会社のオナーですからそんな年功序列だの無能な人間を雇っているような会社の株を買わなきゃいいのです。

会社での地位が低くても株を買えば、その日からその会社のオナーです。食物連鎖の頂点になります。労働から収入を得るのでなく人の労働から報酬を頂く立場になるのです。

食物連鎖の頂点の立場に低スペック人間でもなれるのです。

【3】間違えてはいけないこと

ただ、株を買っても会社全体の株を買えるわけではないのであくまでも投資として購入するだけです。

なので投資の最優先事項は自己投資です。低スペック人間だからと言って諦めるのではなく少しでも自分のスペックを上げる努力をして下さい。

結局は自分で稼いだお金で投資するのですから自己投資は怠らず少しでも多く稼げる努力をしましょう。

そうして稼いだ資本を最大化して行くのです。

まだ、株を持ったことがないという人は、株をまず購入してみましょう。
※言うまでもないですが投資は自己責任ですのでお間違えなく