投資

米国株が世界最強と思う理由(米国株投資を推奨しております)

国の発展は政治体制が大きく影響している

毎年、先進国は発展途上国の国に対して多額の寄付などを行っています。しかし、一向に貧困問題が解決しません。しかも、なかなか貧困が解消する方向にも向かわないのです。個人の努力と教育や寄付を行っても発展途上国の貧困が良くならないのは理由があります。

民主主義が重要

それは、政治です。世界にはいろいろな政治体制があります。社会主義や独裁国家など、さまざまな政治体制がありますが民主主義体制をとっていないと、なかなか国民が豊かになるのは難しいように思います。

貧困国の多くの公務員は国や国民のために働くより自分の利益のために働いたりします。賄賂をもらったり自分の利益のために政治力を働かせたりします。これは何も貧困国だけではなく先進国でも行われますが、貧困国の場合は不正が数が多すぎるのです。そのため、国民の信頼も低い場合が多いのです。これではいくら先進国が寄付をしても国が良くなっていくはずがありません。政治体制は国の発展には重要な要素なのです。

個人投資家にとっての投資国の選び方

投資家にとってもどこの国に投資するかは重要です。少し前まで新興国株の投資が人気でした。先進国より経済発展余地大きく、これから発展するという期待から大きく買われた時もありました。

また、中国株も人気だった時もあます。なので、必ずしも先進国以外の株が悪い分けではありません。大きな利益をもたらす可能性はあります。

個人投資家には不要な投資国

ただ、個人投資家があえて新興国や中国株に手を出す必要はないと思っています。特に中国は社会主義国家であり、自国で選挙などが行われていない国です。

本来、国というのは国民の生命、財産を守ることに意味があります。そのために税金を納めていると言っても過言ではありません。しかし、中国は国民より中国共産党の存続を大切にする国です。

中国は政策変更リスクがある

なので、いつ何時、政策がどのように変わるか分かりません。選挙もなく急に税金を倍にすることも可能です。そのような国に大切な財産を投資するのは馬鹿げてます。また、新興国(インドやブラジル)も政治が安定しているとは言えません。なので、個人投資家はそのようなリスクの高い国に投資するのは避ける方が賢明です。

アメリカは資本主義と民主主義が徹底している

しかし、アメリカは資本主義と民主主義がブレることがありません。リーマンショックなどの経済的なダメージを受けたり資本主義経済の矛盾などとマスコミが騒いでも、この体制をやめることはないでしょう。

アメリカは人材豊富

また、アメリカは人材が豊富です。世界有数の大学がアメリカには多くあり世界中の優秀な学生が集まってきます。そして、労働人口が何十年も増え続けることが分かっています。これは、日本と大きく違います。

アメリカは強い

アメリカは超えるのは今後も難しいどころか、どんどんと世界の差を広げていく可能性があります。逆に考えると恐ろしいことですが、個人投資家としてはアメリカに投資しない方がリスクのように感じます。ただ、投資の世界で絶対はないので経済発展が長期にわたって停滞することも考えられなくもないです。しかし、他の国に比べてかなり可能性が低い国だと思っています。

株式投資は経済成長に賭けるのではない

ただ、間違ってはいけないのが株式投資のリターンは経済成長に賭けるのではないことを分かっておいてください。経済成長を誰もが予測していたら、その価格は現在の株価におり込まれているのです。

なので、低成長の国の株でも十分利益を上げることが出来る可能性はあります。なぜなら、多くの人が低成長を予測していたら現在の株価はそれをおり込んで低価格になっているからです。

株の利益は予測に反した成長が必要

なので、株価で大きく利益を上げるには予想に反した成長が必要なのです。今は多くの人がアメリカ経済の成長を予測しているので株価も過去最高を記録しています。なので、予測に反して低成長をもたらしたら大きく株価が下がる可能性があります。そのことについては必ず留意することが必要です。

アメリカは予想以上に成長する

ただ、アメリカは予想以上の成長を見せると個人的には思っているので、アメリカ株にシフトしていってます。これは、あくまでも私の見解なので参考にして頂くのはありがたいですが、投資をする場合、最終的には自己判断でお願いします。

日本株は低成長を予測している人が多い

ところで日本株は多くの人が低成長を予測しているように感じます。人口減少に優秀な人材が海外に流れて行くなど悲観的なことを言う人が多いように思います。

しかし、逆に低成長を予測されているということは株価もそれをおり込んでいます。なので、予測に反して成長を見せれば大きく利益に繋がる可能性があります。なので、私は日本株も一応、保有しております。

ただ、日本株で一番よくないと思っているのが日銀のETF買いです。この規模が大きすぎて適正な価格を付けているのかが良く分からない状態になっています。また、過度な金融政策で金利もかなり低くなっています。なので、日本株は逆に政治的リスクが大きいのかも知れません。