投資

個人投資家が長期投資が出来ない理由(リスク管理が重要)

長期投資が資産を最大化する方法です。

投資というのは長期投資が基本です。長期投資によって複利効果が発揮され資産形成が最大化されます。短期的な売買は売買の数だけ手数料と税金の損が生まれます。

個人投資家で日々デイトレードと言われる売買を繰り返している人は証券会社にとってはいいカモです。賢い投資法とは言えません。なので、将来的に資産を形成していきたい人は長期投資を心がけることです。

長期投資がなかなか出来ない理由

しかし、こんなに簡単なことが実はなかなか出来ないのです。株価が右肩上がりに上昇している時は日々、資産が増えていくので、心穏やかに株価を眺めることが出来ます。しかし、逆に暴落したり、右肩下がりに株価が低下して行ったら心穏やかではいられません。日々、自分の資産が減っていくのを眺めているのは、いい気分がしないのは当然です。

タイミング投資

この時に多くの人はどんどん下がるので、早めに売ってしまいたくなります。なぜなら、どんどん資産が下がっているので早めに売って、下がったところで買い戻せばいいと思ってしまうのです。いわゆる、タイミング投資というやつです。
ただ、これはそんなに簡単に行きません。理論的には底値で買い戻すことが出来れば投資パフォーマンスは上がります。しかし、底値など誰も分かりません。 底値だと思って買っても更に下がる可能性もありし、急反発する可能性もあります。
市場を予測出来るという自惚れは持たない方が賢明です。 大きく暴落したり株価が下がり続けても気にせず保持続けることが正解の場合が多いです。

リスク管理(余裕資産)

また、自分のリスク管理が出来ていない場合に長期保有をすることが出来ない場合もあります。これは、自分の余裕資産を見誤った場合に起こります。
人の余裕資産は自分が思っている以上に小さいのです。それを必ず考慮することが大切です。 余裕資金だと思って投資していても株価の暴落や長期的な下げが起きたときに心穏やかでいられないのは余裕資金でないからです。

リスクがあるからリターンがある

確かに資産が減っていくのに心穏やかでいられないのは分かります。しかし、リスク資産というのは元本割れをする可能性があるのです。 これは常識中の常識ですが元本割れする可能性があるから元本保証の利回りより、良い利回りのリターンがあると思って投資するのです。
まったくのリスクがない投資などありません。自分の資産が減っていく不安や心穏やかでいられない気持ちがリスクなのです。 これに耐えないとリターンを得ることは出来ません。
それが投資というものなので暴落や下げ相場に慣れていくしかありません。 なくなってもいいと思えるお金で投資しておけば資産が減っていっても、次の上昇相場を迎えるまで待つことができます。

借金をしてまで投資をするべきでない

また、リスク資産を見誤っている場合、急な出費が必要になって時に資産を現金化する必要が出てきます。 その場合に資産を取り崩さないといけないので現金も一定程度、家計で保有して置くことは大切です。
ただ、急な現金が必要になった場合に、投資資産はあるが現金がない場合に借金をして現金を調達するのは賢い方法とは言えません。 これは借金をしながら投資するのと同じです。現金が必要になったら迷わずに投資資産を取り崩す方を選ぶことです。借金をして投資していると余裕資金をさらに見誤った方向に判断しまいます。
借金にはいい借金と悪い借金があると言われたりしますが、 借金をして株式投資などをするのは悪い借金になります。
事業などをやっていて事業を大きくするためにする借金はいい借金と思います。しかし、個人投資家にとっては、そのようなことがないので不要です。

プロにも勝てる投資方法

投資で全員が利益を上げれないのは過度なリスクを取った投資をしていたり、売買を繰り返すことで資産を減らしたりしています。 単純にインデックス投資で長期保有をして配当再投資をしながら積立投資を続ければいいのです。 しかし、これがなかなか出来ないので資産形成できないのです。
だが、逆にこれが出来れば大きく資産を形成して行くことができます。 なんといっても何のスキルもいらなく、黙って長期投資で配当再投資してればいいからです。
これが出来ればプロの投資家にも勝つことが出来ます。

プロの投資家はポジションカットをしないといけない

証券会社のプロの投資家たちは決算や顧客への説明などが必要になります。 そうすると将来予想の逆方向に市場が動くと、そのまま保持しておくことが出来ずにポジションをカットする必要が出てきます。
プロの投資家も直近の予想で逆方向に市場が傾いたとしても長期的にはポジションを保持した方がいいと個人的に思っていたとしても、 仕事としては売らないといけない場面が出てしまいます。
証券会社のトレーダーと言えどサラリーマンですから。 決算や顧客の納得いかない状況が出たら売らないといけないのです。サラリーマンをやられている方なら分かると思います。 しかし、個人投資家はそうではありません。自分の意思一つで長期保有は可能です。これが唯一プロにも勝てる投資法なのです。