クレジットカード

PayPayを利用するならYahoo!カードを必須。Tポイントも貯まる最強カード。

Yahoo!カードはメリットの多いTポイント系のクレジットカードです。

スマホ決済で利用者数が多いのがPayPayですが、PayPayで利用する時はPayPay単独で使うよりYahoo!カードと組み合わせて支払うのがお得です。

Yahoo!カードというのはワイジェイカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

Yahoo!カードはTポイント系のクレジットカードでもあるので、Tポイントカードの代わりにもなります。なので、Tポイント加盟店ではTポイントも貯めることが可能です。また、年会費も永年無料ですので作っておいて損はないクレジットカードです。

Yahoo!カードのメリット

Yahoo!カードはTポイントを集めるのには最適のカードですが、それ以外にもさまざまなメリットがあります。

Yahoo!カードのメリット

・年会費永年無料
・PayPayへチャージが出来る
・Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物ポイントの付与が3%になる
・Tポイントが貯まりやすい

年会費永年無料

Yahoo!カードは年会費が無料で発行手数料や解約手数料もかからないので、発行してみてあまり利用しないと判断して解約しても料金は一切かかりません。また、家族の利用でもTポイントや家計を一元的に管理ができる家族カードが発行出来ます。その家族カードの年会費も永年無料です。

 出典:画像はYahoo!カード公式サイトより

PayPayへチャージができる

スマホ決済でPayPayを利用している人はYahoo!カードからチャージをすると、PayPayのの支払いがスムーズなのでPayPay特典が得やすくなります。しかも、PayPayでクレジットカードからチャージ出来るのはYahoo!カードだけになります。

PayPayにチャージ出来る方法は、

・銀行口座

・セブン銀行ATM

・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

Yahoo!カード

・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

があります。

こう見てもらっても分かりますが、クレジットカードからのチャージはYahoo!カードだけなのです。PayPayは他社のクレジットカードを登録することが可能です。

しかし、PayPayの残高以上の金額を決済する時はクレジットカードの支払いが優先されのでPayPay残高からの支払いが行われません。

Yahoo!カードの場合は必要に応じてチャージすることができるので、PayPayの残高を利用することが可能です。

また、各種キャンペーンはPayPayの支払いに応じての還元があるのでキャンペーン特典を得るにはYahoo!カードからのチャージが出来たほうた圧倒的に有利です。

ちなみに2020年2月よりYahoo!カードからのPayPayチャージ還元が一切なくなりました。なので、厳密にはクレジットカード還元を受けるソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの方が有利です。(ソフトバンク・ワイモバイルユーザーに限りますが。)

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いで支払い方法をクレジットカード払いにしておけばクレジットカードの還元を受けることが出来ます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物がポイント3%増える

Yahoo!カードを利用してYahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物をしたらポイントが3%増えます。

しかし、厳密には2%になります。というのはYahoo!ショッピングで買い物をすると誰でも基本の1%はもらえます。Yahoo!カードを利用することのメリットとしてはさらに2%付与されることです。

出典:画像はYahoo!カード公式サイトより

また、ソフトバンク・ワイモバイユーザーはさらにポイント還元を増やせるので過去記事を参考にして下さい。

Tポイントが貯まりやすい

Yahoo!カードはTポイント系のクレジットカードですのでTポイント加盟店でクレジットカード決済をするとYahoo!カード決済のTポイントとTポイント加盟店でのTポイント両方付与されます。

また、Tポイントカードありますか。と聞かれてからTポイントカードを出すというような二度手間もなくなります。

Yahoo!カードでの注意点

Yahoo!カードのメリットはいろいろありますが、注意する点もあります。

ファミリーマートでのTポイント付与

ファミリーマートでの買い物では注意が必要です。ファミリーマートはファミマTカードを発行しています。ファミマTカードはファミリーマートの買い物でTポイントが入ります。しかし、Yahoo!カードと還元率が違うので注意が必要です。

ファミリーマートのTポイント還元率は買い物で200円につき1ポイントです。また、カードの提示でも200円につき1ポイント付与されるので合計200円で2ポイントです。

出典:画像はファミリーマート公式サイトより

出典:画像はファミリーマート公式サイトより

Yahoo!カードだとTポイント還元率は買い物で100円につき1ポイントになります。また、カードの提示では200円につき同様に1ポイント付与され合計200円で3ポイントです。

Yahoo!カード ファミマTカード
200円の買い物カード決済 2ポイント 1ポイント
200円の買い物カード提示 1ポイント 1ポイント
合計 3ポイント 2ポイント

上記のようになるので、ファミマTカードを持っている人も純粋にTポイントを貯めることを考えるとYahoo!カードの方が得です。

しかし、ファミマTカードは会員特典商品や割引があったりボーナスポイントもあるので決済時には注意して下さい。ちなみに、節約を徹底するならコンビニで買い物をしていてはダメです。

海外旅行傷害保険が付帯していない

Yahoo!カードはクレジットカード会社によくある海外旅行傷害保険がありません。なので、海外旅行をする際には別のクレジットカードで旅行代金を決済するなどしたほうが無難です。

Yahoo!カード自体は海外で利用することは可能ですが、海外旅行傷害保険が付帯していないことは注意して下さい。

ただし、月額490円(税抜き)で18種類の補償をつけられるのでYahoo!カードを主力カードにしていく人は補償をつけられて利用した方が良いかも知れません。

出典:画像はYahoo!補償公式サイトより

ETCの発行は有料(500円の年会費)

Yahoo!カードはETCを発行することも可能です。しかし、年会費が発生するので注意して下さい。

ETC発行は無料で発行してくれるクレジットカード会社も多いので、無料で発行しているクレジットカード会社から発行することをおすすめします。