節約

カードのリボ払いをしている人はカードをやめましょう。

クレジットカード払いのほうが現金払いより得

節約生活をしていっている人はクレジットカードのポイントも上手く貯めていっていると思います。現金決済は何もポイントが付かないのでどうせ同じ金額で買い物をするならクレジットカードで払った方が得です。これは、節約を徹底しているの人なら常識かと思います

支払いサイト的にもクレジットカード払いがいい

もっと細かく考えるとクレジットカード決済は月払いなので、購入した金額は翌月に引き落とされるのが一般的です。
これは販売側からすると売れたあとに、現金が後から入ってくるので販売側からすると不利な取引です。しかし、購入者側は後日、お金を払うことになるので購入者側にとっては有利な取引になるのです。一括払いなら手数料や金利なしで支払いサイトを30日近い日付まで伸ばしてくれるので現金払いよりクレジットカード払いの方が得なのです。
なので、極力カード決済をした方が現金決済より得です。ただ、これは一括払いをした時だけです。分割払いやリボ払いをしたら逆に損をします。

分割やリボ払いは大損する

一括払いだと金利や手数料はかからないですが、分割やリボ払いにするとたちまち高額な利息が発生します。

クレジットカード会社は一括払いだけだと儲からない

クレジットカード会社側からしたら一括払いを徹底されたら、お店側からの決済手数料だけの利益なのでそれほど大きな利益につながりません。クレジットカード会社は金利や手数料の発生する買い物を少しでもして欲しいのです。

リボ払いの誘導には気をつけて

なので、キャンペーンやポイント還元などを使ってリボ払いなどに誘導してきます。ひどい場合はクレジットカードを作ったらデフォルトでリボ払いの設定になっている場合もあります。しかも、リボ払い設定をやめるにはネットから解約ができなくて電話で変更しないといけないクレジットカードまであるのです。

節約には少しの金利でも敏感になる必要がある

それくらいしてでもクレジットカード会社は顧客から金利を稼ぎたいのです。しかし、顧客側のわれわれは決してリボ払いや分割払いをやってはいけません。当然のことだと思いますが、リボ払いや分割払いは借金です。資産形成を目指したりしている人や個人投資家の人たちは少しの金利でも敏感です。クレジットカードのような金利の高いサービスは利用しません。

キャンペーン利用だけなら得する

また、カード会社はリボ払いに誘導するため、あらゆるキャンペーンを実施してきます。なので、キャンペーン利用の目的ならリボ払いを一時的に利用すれば得をすることもあります。そのための利用はありだと思います。
ただ、しっかりと内容とリボ払い解除の仕方を理解している人に限ります。よくわからない人はリボ払いに近づかない方が安全です。たとえ、どんなにお得なキャンペーンに見えてもどんな罠が仕掛けられているか分かりません。クレジットカード会社も金融業です。金融業の人たちには疑うぐらいがちょうどいいです。

リボ払いの危険性は周知されつつある

このようにリボ払いや分割払いなどの危険について書いてきましたが、一般の人たちにもだいぶこの危険が認知されつつあります。特にリボ払いはキャンペーンの誘導でいろいろなところで目にする機会があるなので痛い目にあった人が多くいるのではないでしょうか。

支払い名人もリボ払いと同じ

なので最近では、日本のクレジットカード会社であるJCBはリボ払いと言わずに「支払い名人」とネーミングを変えてきています。仕組みはリボ払いと同じです。ネーミングが変わったからと言って騙されてはいけません。また、JCBは「スキップ払い」などと言うサービスも始めました。これは最長6カ月先まで任意に支払い月を伸ばせるサービスです。これも手数料を取られるサービスなので、無駄な金利を支払うのと同じです。利用してはいけません。

欲しいものはお金を貯めてから買うのが基本

買い物を借金してまでするのはよっぽどのことがない限りしてはいけません。こんなことをしていたらお金を貯めることができないです。欲しいものはお金を貯めてから買うという基本的なことができるように自分の考え方を変えないといけません。

リボ払いや分割払いが習慣化している人は買い物習慣を見直す必要があります。ただ、このような人は買い物の仕方を変えるだけで貯金が飛躍的に伸びます。なのでリボ払い、分割払い派の人は早めに見直しをしてみて下さい。このような人の、一番良い方法はクレジットカードにハサミを入れることです。まずはここから始めて下さい。

リボ、分割払い派の人は現金派に切り替える

クレジットカード支払いが上手くない人は現金払いに切り替えて支払いが少しでも不便になる方が節約効果が大きいです。

ポイント効果より現金効果から始める

現金払い生活が定着してからクレジットカードを持った方がいいです。クレジットカードの使い方が下手な人は、クレジットカードポイント節約より節約効果が大きいです。

政府のキャシュレス政策の前に買い物名人になっておく

クレジットカード支払いは便利ですし、政府もキャシュレスを推奨してます。そして政府は消費税増税による景気減速対策としてキャシュレス払いでポイントをキャシュバックする政策を実施することを検討しています。
なので、この政策が実施される前に買い物習慣を変えておく方必要があります。クレジットカードの使い方が下手なのに政府政策のキャシュレスに乗っかったら余計に消費が多くなり節約が出来なくなります。政府政策の思うツボです。

政府の政策は逆らわずに乗っかった方が得です。絶対に利用してキャッシュバックを受けた方が得なのです。なので、その前までにクレジットカードの使い方を理解して上手に使えるようになっておきましょう。

最後に

個人的には政府のキャッシュレス化の推進は良い政策だと思います。しかし、消費税増税の影響を少なくするために行うのは馬鹿げています。それなら単純に増税をやめればいい話しなのです。国の政策はシンプルな方がいいのです。余計なことをすると必ず利権を生みます。何かの制度ができたら、その制度を利用する人はいいですが、利権化する人が必ず出てきます。なので政府政策はシンプルにして利権化しにくい制度にするべきだと個人的には思います。