投資

個人投資家におすすめな債券投資

最強な安全資産

以前に個人投資には債券投資をおすすめしないとの記事を書きました。しかし、一つだけおすすめな債権があります。

それは、

 ・個人向け国債の10年満期(変動金利型)

です。

現在、日銀のマイナス金利政策もあり長期金利は、ほぼゼロに状態にあり2019年3月14日の終値では-0.045%となっております。なので、意外に思われるかもしれません。

ただ、現在、普通預金以外で安全資産の置き場所を考えられておられる方がいましたら長期国債がいいと思います。

債券価格下落リスクに対して

債権は市場金利が上昇すれば価格は下落します。今後、政府の経済政策がうまくいき物価上昇をしてインフレ方向に傾くと金利も上昇します。

そうなれば国債の価格も暴落しますので国債に投資するのはリスクが大きいと考えることもできます。※物価が上がらないまま長期国債の利回りだけが上昇することは、今のところ考えにくい(日本自体の信用リスクの拡大)しかし、個人向け国債の10年満期(変動金利型)場合は少し違います。

こちらの商品は長期金利が大幅に上昇して、長期国債の価格が暴落しても二回分の利払いを払えば償還できます。金利上昇への保険がついている商品だと認識していただいてよいです。

債券投資の中でも価格暴落に保険をつけてくれている安全商品ということです。しかも国が発行する債権なので預金しているのと変わりません。

銀行預金より安全

その様に考えれば現在の普通預金より安全な資産の保管場所と考えることが出来ます。

現在、普通預金は、

 ・一人、一行、一千万円まで

しか預金保険を受けることしかできません。

一銀行に一千万円以上預けることは預入銀行の経営破綻リスクを引き受けることになります。

しかも、今は銀行の経営状態がいいとはいえない状況です。あの、メガバンクのみずほ銀行ですら最近、6,800億円の損失を発表いたしました。

これが地方銀行になるともっと苦しい状況だと想像できます。なので、最近ではスルガ銀行のように過剰な融資をして問題を起こしたりしております。地方銀行は違法ギリギリのことをしないと経営が厳しいと考えるのが自然です。

政府のゼロ金利政策もあり銀行経営は難しい状況にあります。また、国債が暴落するような局面になれば多くの銀行は多量の国債を保有しているので更に経営を苦しめる可能性もあります。 ※ただ、物価上昇で国債が暴落する局面では景気も上昇しているので全体的には経営が安定する可能性もあります。

なので、銀行に多額の預金をしておくなら長期国債に移しておく方が安全です。

国債の暴落局面では

国債の暴落が起きて気をつけないといけないのは安易に外貨預金などの外貨建ての資産に移さないことです。長期金利が上昇した場合は円高に進む可能性が高いので、すぐに外貨リスクを取ることは避けた方がいいです。

また、金利上昇は株価の下げ材料でもあるし金融引き締め材料でもあるので国債からの資産の移し方は慎重になった方がいいです。

現実的には現金で保有するのが一番という場合もあることも視野に入れながら対応する必要が出てきます。

最も気をつけるべきこと

そして何より一番気をつけないといけないことは長期国債を金融機関から購入する際に、別の金融商品をすすめられることです。

金融機関としては長期国債の購入手数料は他の金融商品より低いので、なるべく手数料の高い金融商品を購入して欲しいと思うはずです。

ある程度まとまった現金を保有している顧客が国債を購入しにきたら、別の金融商品に誘導してくることは容易に想像できます。

ここで間違っても営業マンの営業に引っかかってはダメです。金融営業マンがすすめる商品にまともなものがある可能性は極めて低いです。

気をつけて下さい!!