投資

株式投資は比較的に安定して安心できる投資。投資で一番損をするのは人による影響。

上場されている企業の株は基本的に安心して購入できる。

公開されている企業の株はそれなりの監査を受けて上場します。また、上場基準も設けられており一応選ばれた企業が上場していることになります。一応と書いたのはご承知の通り上場しているからと言って立派な企業とは限りません。たびたびニュースなどで企業の不祥事は報道されます。これは日本だけでなく海外でも同じです。ただ、上場しているというのは一定の基準を満たしているということなので一定程度の信頼を担保してます。

市場は公正性が命なので、取引所は公正性に力を入れている

また、市場は公正性を担保するように努めてます。なので、株を購入した瞬間は得も損もないです。割高とか割安とか言われたりしますが、市場がつけた値段は需要と供給のバランスで値段がつくので現在の価格がその株の価格なのです。市場がつけた現在の価格ですので株を購入して瞬間は適正価格で購入したことになります。その後に期待値以上のパフォーマンスを上げなかったり逆に期待以上のパフォーマンスが発揮されることはあります。

タイミング投資とドルコスト平均法は意味がない

なので、株を買うタイミングを図ったりする行為はあまり意味がありません。将来は誰にも分からないという常識通りに行動して自分の予想に反して株が上がるか低成長で終わるかの期待に投資しているようなものです。なので、一定程度の投資する資金が出来たらタイミングを図らず一括購入しればよいです。ドルコスト平均法などは単なる気休めに過ぎません。

投資をしていく上で一番の大きなリスクは人にある。人が一番危険な商品を持ってくる

株は市場で売られている限り公平な値段設定がされているので、株を購入すること自体は危険でもなく、むしろ積極的に買われた方が良いと思います。株式や投資商品を購入する場合に一番の大きなリスクは暴落や元本割れリスクではありません。こちらも確かにリスクですがきっちりとリスク管理が出来ていれば特に気にする必要はないのです。一番大きいのはリスクは何と言っても人です。

金融窓口での販売商品や金融営業マンの商品は危険

他人があなたの財布を狙っていることが一番のリスクになります。証券会社や銀行の窓口で売られている投資信託商品や金融営業マンが持ってくる投資商品が一番危険な商品である可能性が高いです。金融営業マンは自社が販売している投資商品を売って手数料が欲しいと思うのは自然な姿です。しかし、彼ら彼女らの商売のために我々の資産を減らされるのではたまったものでないです。

金融商品はネットで購入するのが一番安全

銀行の窓口や証券会社が販売する商品は同じような商品をネット証券で買えば手数料や信託報酬が格段に安いです。なので、窓口で販売する人たちは情報弱者を食い物にしているしか思えません。ご高齢の方の中には回転販売を繰り返され資産をほとんど失った方もおられます。肩書が立派に見える金融営業マンでも気をつけないといけないのです。ネット証券などで株を購入すれば人に会うことはないので、一番低リスクの取引であり且つ公平な価格で購入できます。変な営業行為をされることが少ないので話を聞くという時間の無駄もはぶくことができます。

投資の世界には詐欺師も多いし、怪しい人もいっぱいいます。

投資の世界は特に怪しい人が多いので気をつけないといけません。先程の例は銀行や証券マンの話で一応、名の知れた金融機関に勤められている人からの話です。(名の知れた企業だから安心してはいけませんが)しかし、金融機関の人間でなく近づいてきて営業をしてくる人はもっと厄介です。

変な投資商品をすすめてきたら、まず詐欺を疑う必要がある

あやしい投資話を持ちかけてきて詐欺まがいの投資を勧めてきたりします。これは本当に出資したお金が投資されているかも分からないので本当に気を付ける必要があります。

ポンデ・スキーム詐欺は昔からある詐欺手法

資金だけ集めて投資をしないという昔からある詐欺手法である場合があります。高利回りの配当をうたい出資を募ります。そして、出資したお金に対して配当をもらえるのですが、最初の内は本当に高利回りの配当がもらえたりします。また、解約も容易に受け付けてくれたりします。しかし、実態は出資してもらったお金を投資などしていなく高利回りの配当は、自分が出資したお金をそのまま配当に回している場合があるのです。人は欲望がありますので、高利回りの配当を受けたら本当に儲かると勘違いします。

信頼して出資金の額を増やしていくのが相手の狙い

例えば最初は怪しいと思いながら恐る恐る10万円ほどの出資をします。高利回りの配当を受け取ると安心感と、更に出資金を多くするともっと配当を受けることが出来ると思ってしまいます。そして、更に出資金を多く出資してしまいます。しかし、自分の出資したお金が返ってきているだけなので、いづれ破たんします。破たんした時には自分の出資金は、ほとんど返ってきません。これは昔からあるポンデ・スキームと言われる詐欺です。これは意外と騙される人が多いので自分は大丈夫と思わず気をつけておくことが肝心です。

最後に

儲け話を向こうから積極的に教えに来ることは通常あり得ません。本当に儲かるなら誰にも言わずに自分で始めるからです。この儲け話を運んでくることはないということと、楽して儲かることはないという当たり前のことを常に考えておく必要あります。詐欺に引っかからない人はいないので気をつて下さい。詐欺師もプロですので自分は大丈夫と思っていたら騙されます。投資のリスクは人に方が大きいのですから。