投資

低成長の国でも利益は出せる

米国株の購入は分散投資の一貫

私は米国株にシフトしています。それは私自身まだ定年まで時間があるので、もう少しリスクを多めにとってもいいと考えたからです。

また、米国株のインデックス投資信託手数料も昔に比べてだいぶ下がりました。そして何より日本株だけに集中投資するのでなく広く分散投資をしていきたいからです。

しかし、もっと広く分散投資をするならば全世界を対象としたインデックスファンドに投資した方がよりリスクが下がります。

ただ、私はS&P500でもそれなりに分散効果が発揮できると思ってますし、全世界インデックスよりリターンが大きいのではないかと感じてます。しかし、これは予想を外すかもしれませんが。

投資は広く分散投資をした方がリスクに対するリターンが大きいので、これを読まれている方は私のまねをせずに全世界インデックス投資の方をおすすめします。

私のポートフォリオ

私も、もう少し年齢を重ねて定年まであと少しとなれば、全世界インデックスや債券なんかも含めた投資にシフトしてリスク低減を図ると思います。今は少し興味のある米国株に熱をあげてみようかと思っています。※なんか米国があついなと思っているだけです。

ちなみに私のポートフォリオは日本株の構成比率が大きいです。もう少し分散が必要と感じているので外国株に目を向けています。

前まで為替リスクが大きいことに目が行きすぎ、外国株に対して消極的でした。※今となっては間違っていと思います。

最近は米国株が人気です

最近では米国株購入手数料の低下から米国株に投資する人も増えてきています。日本でもなじみのあるAppleやAmazonの株も手軽に買えるので個人投資家とって選択肢が広がり良い投資環境になってきました。 ただ、米国株にお熱を上げている投資家の中には日本の低成長株より高成長が期待出来る米国株に投資した方がリターンが大きいと主張する人をみかけます。 もっとものように聞こえますが理論的に言えばこれは間違いです。株は高成長だから儲かり低成長だから儲からないわけでないのです。

株式のリターンの源泉はリスクプレミアムがもたらします。

株価は将来の価値を織り込んでいる

ちょっと分かりずらいですが、現在の株価は将来に予想される価値があらかじめ織り込まれて価格が形成されています。そのため、高成長を誰もが予測した場合、その価値はあらかじめ現在の価値に織り込まれいます。その逆で低成長が予測されていたらその価値もあらかじめ現在の価値に織り込まれているのです。

要するに将来受け取ることのできるであろう価値にリスクに見合った現在の価値が決まるわけです。なので、米国株の高成長をだれもが予測してその通り高成長になればリスクに見合ったリターンを得ることが出来るだけです。

なので、予想に反した変化がおこった場合に高いリターンや高い損失を負ってしまいます。なので、高リターンを得たい場合はみんなが予想しないようなことがおこるだろうことを予測して投資しないといけません。しかも、いい意味での期待を裏切ったニュースでないといけません。なかなか、難しいですよね。

企業などで上方修正が発表されると株価が急に上がったりします。これは、みんなが予想していなかったことに対して良い結果がでたので株価に反映されるわけです。逆に言えば不祥事などの下落もそうです。

日本株がチャンスかも

日本は今後、人口減少し、高齢化がどんどん進み経済成長が望めないとみんなが思っているので、逆に日本株がチャンスかもしれません。保証はできませんが。

最後に

しかし、私は日本株に少し失望しているところがあります。それは日銀のETF大量購入です。これは、あまりにもやりすぎで市場を歪めていると感じています。

今の株価が本当に適正価格なのかよくわからない状態になっているのでなるべくリスク分散したいと考えました。なので、今後は外国株にも目を向けて行きます。当面は米国株です。