投資

投資で儲けるにはお金と勇気と時間が必要

割安株を見つけるのは難しい

投資は分散投資と長期保有ですが、少しの勇気があれば大きく儲けるチャンスもあります。それは割安株に投資をすることです。適正価格を下回っている株を見つけて投資をすればいずれ適正価格に戻った際に大きく利益を上げることが可能です。

しかし、割安株を見つけるのは、なかなか大変です。投資のプロでもない人は自分の仕事で忙しいはずです。そんな、個別株を分析しているような暇はないはずです。

なので、私は投資のプロでない人にはインデックス投資で長期保有することをすすめています。個別の割安株を見つける投資法は、企業分析好きな投資家にとってはもってこいの投資法だと思いますが、普通の人は数多くある企業から割安株を分析するのは面倒です。

簡単な割安株購入法

ですが、普通の人でもすぐに分かる割安株投資法をご紹介します。

それは暴落した時に株を買うことです。

すごく簡単で当たり前に聞こえますが、これは意外と勇気がいります。どこまで暴落するか分からない時に株を買うのは一般的に投資家のあいだでは危険視されています。

投資格言で「落ちているナイフは拾うな」と言う言葉があります。

株価が下がっている時に購入すると損をするという意味です。
しかし、落ちているナイフを拾うとケガをしますが、落ち切ったナイフを拾うと安全です。しかし、落ち切ったのか落ちている途中なのかを見分けるのは普通は出来ません。
なので、暴落しているときに適正株価以下まで下がっているのかを冷静に 判断することが重要です。

企業の不祥事ニュースはチャンスかも

仮に適正価格以下で購入しても、それ以上に下がることは良くあります。ただ、適正価格以下で購入していれば反発した時に利益を得るとこは可能です。
なので、勇気があればチャンスを掴む可能性はあります。 個別株で言えば企業の不祥事などが起きたときにチャンスが来たりします。
マスコミなどに大きく叩かれ株価が暴落する時がありますが、そのような場合に 売られ過ぎという現象がよくおこります。その時をねらって株を購入するのは投資手法として有効だと思います。
飲食業の食中毒問題や不正検査データなど企業の業績に直結するような不祥事は時々おこります。
しかし、不祥事の内容によっては財務体質を大きく毀損することがないような場合も多々あります。そのような時を見計らって購入すれば、いずれ世間が忘れたころに株価が戻っていることがよくあります。
なので、企業不祥事ニュースが出た場合はそれが企業価値をどれくらい毀損するかを分析して売られ過ぎているようだったら購入して見て下さい。
しかし、勇気とお金と時間が必要なので我慢強い忍耐力は必要になります。

企業倒産はどんな企業でもありうる

ただ、気をつけて欲しいのが完全に倒産レベルの不祥事を起こしてしまっていたら破たんしてしまう可能性があります。
なので、どの程度の不祥事かの見極めは 大切です。これは大企業で歴史のある会社だから大丈夫とは限らないので気をつけて下さい。 アメリカ企業のリーマンブラーザーズは120年以上の歴史もある大企業でしたが、リーマンショックの時に倒産しました。なので、リーマンショック言われているのです。
これはアメリカだからでは ありません。日本でも山一証券が100年以上の歴史がありながら倒産したりしています。企業というのは意外としぶといですが倒産する時は倒産します。
なので、致命傷な不祥事を起こした企業には投資しない方がいいです。これは自己判断なので何とも言えませんが危なそうなのは常識的には判断できると思います。 ※無理かもしれないですが
企業規模に対して致命傷にならない程度の不祥事が過度に取り上げられることはよくあります。なので、それらをチャンスと見るのは悪くないです。

インデックス投資でも割安狙いは出来ます

それでも怖いという人には個別株投資ではなくインデックス投資でも同じことが出来ると思います。 タイミング投資というのは、ほとんどの場合うまく行きません。しかし、金融危機のような暴落時はチャンスの場合が多いです。
積立投資でインデックス投資をしている人は、この時に大きく買いを入れるのはいい判断だと思います。現にリーマンショックの時に大きく購入した人は、大きな利益をもたらしたと思います。
金融危機の時は株価全体が暴落しますので、インデックス投信で大きく買いましても個別株よりリスクは低いですがリターンも大きくなります。なので、割安株で勝負するにしてもリスクの少ないインデックスで投資するのもありです。もし、失敗しても長期投資をして入れば株価は自然と上昇します。 投資で儲けるには現金と勇気と我慢も必要です。
金融危機などは特に株価の歪みがでやすいです。お金持ちになる人はこの時をチャンスとみて大きく投資したりします。そして、更にお金持ちになっていくのです。やはり金融危機や不況の時に現金を持っている人は強いです。