雑記

労働収入だけでは身体が疲弊してしまう。将来に向けて資産形成を考えて行動しましょう。

身体が資本(体調を崩しては意味がない)

ここのサイトではお金のことを中心に書いてます。しかし、お金を稼ぐにしても遊ぶにしても一番大切なのは身体です。やはり、健康が一番大切です。当たり前のことですが、実はこれがなかなかできません。

身体を壊すと治すのに時間がかかる

人はついつい無理をしてしまいます。大切な仕事があったら少しぐらい体調が悪くても出社すると思います。また、仕事が間に合わなっかったら残業してでも終わらそうとするでしょう。しかし、身体を壊してしまうと治るのに時間がかかりますし、ひどい場合には戻らない可能性もあります。なので、本当に無理は禁物です。

私ごとですが体調を崩しました

実は今、私は体調を崩してしまいました。今月は仕事が多忙なため、休出残業を繰り返し、それに加え出張も無理して行ってました。そしてついに、熱を出してダウンしてしまいました。この2日間は完全に寝たきりの状態になっています。健康というのは体調を崩した時にありがたみが分かるものです。2日間、体調を崩すと何も出来ないので、仕事が完全に止まりました。そうすると全ての計画がくるうので、一から計画の組み直しが必要になります。

体調管理は仕事の上で重要事項

なので、体調管理も仕事をする上で重要な要素です。仕事の計画を組む時でも必ず無理のない計画にするべきです。残業や休出などは基本やってはいけません。必ずいつか身体にしわ寄せがきます。特に若い時は無理がききますが、年齢を重ねると身体を壊しやすいし回復にも時間がかかります。なので、未然の対策をして健康管理をしっかりしておく必要があります。

過度な労働で生活設計をしてはいけない

残業が生活の一部になってしまっていたら最悪です。自分の収入を増やすのに残業を増やしたり、夜に別のバイトをしたりする人がいますが、一時的な収入は増えますが長続きしません。しかも、身体を壊す恐れがあるので本当はやめた方がいいです。それよりも自分の仕事の生産性を上げることに努めた方が将来的な収入アップに繋がります。

将来に向けた投資をする

自分の仕事の生産性を上げて残業をなくして早く帰れるようにするべきです。そして、早く帰って出来た時間にバイトしたりするより勉強したり自己啓発をしていく方が将来に繋がります。バイトは一時的な収入を増やしますが、継続的な収入に繋がりません。それよりも自分の資産が増える方向で努力することが大切です。

不労所得を意識する

それは人的資本を高めることをしたり、不労所得を生むようなタネを蒔いたりすることに時間を使うようにすることが大切なのです。労働収入はいつまでたっても労働からしかお金を生みません。そうすると収入を増やすために無理をしてしまい身体を壊してしまいます。適度な労働収入ならいいですが、生活をそれに頼り過ぎると将来無理が来ます。身体は必ず衰えて行きます。早いうちから自分の資産を作ることに時間を費やすことを考えていかないといけません。

自分の得意分野を見つけて資産化していく

不労所得を目指すには自分の得意な分野を生かすのが一番早いと思います。なので、それを早く見つけることです。今はネットが充実しているので誰でも一人で何かを始めることが可能です。

不労所得を形成するのは楽ではない

英語が得意な人は自分が習得した方法をメソッド化してテキストにして販売するのもいいと思います。また、英語学習方法をネットにアップするのも一つの方法です。そうするとそれが一つの資産に変わって行きます。ただ、楽ではないです。資産形成を考えた場合には時給という概念を持ってはいけません。一経営者の視点が重要です。

失敗することもある

不労所得を目指しても上手くいかない可能性は十分あります。時給にしたらものすごい安かったり1円も利益が上がらない可能性もあるのです。資産を形成していくというのは、それなりのリスクはあります。全てが上手く行くならみんなやるので、自分で考え工夫しながら資産形成を考えないといけません。しかし、もし上手く行ったら不労所得に繋がる可能性があります。正確には資産形成のために必死で努力する必要があるので、完全な不労所得ではないですが、将来的に多くの収益をもたらしてくれる可能性があります。なので、失敗する覚悟でやってみることは重要です。失敗したらまた、別の方法を模索すればいいだけです。あくまで、一経営者の視点で行動しないといけません。

物事を進めるには計画が必要

ただ、冒頭でも述べましたが無理はいけません。何か始める場合は必ず計画を立てることをおすすめします。本当の経営者のように厳密な経営計画を立てる必要はありません。本当の経営者は利害関係者に会社の方向性などを示さないといけないので、しっかりした経営計画を示す必要がありますが、個人の場合は自分が分かればいいのです。

PDCA サイクルを回す

そして、その計画は無理のない計画にして継続できるものがいいです。そして計画に沿って実行してみて下さい。いわゆるPDCA サイクルをしっかりと意識して回すのです。これをきっちりやる習慣を身につければ必ず本業にも役立ちます。そして、何より経営者の視点を持てるようになることはサラリーマンとしても有利です。

最後に

将来に向けて労働収入比率を下げて資産収入比率を上げることを考えることは重要です。日本はどんどんと少子高齢化が進み社会保険料も増え続けることが予想されます。日本で働いている労働者の平均収入は確実に減って行くと思います。なので、早めに労働収入に頼る生き方から脱却して行く必要があります。

早めに行動することが重要

労働収入のために疲弊している場合ではありません。まだ、資産形成のために何もしていない人は早めに始めた方がいいです。でも、何を始めていいかもわからない人は、まずはインデックス投資からでもいいです。早めに始めることが重要です。