投資

失敗した個別銘柄のご紹介。分散投資の大切さを理解できます。(すべて長期保有した結果です。)

投資初心者の時に購入した個別株銘柄。

投資の基本は分散投資と長期保有ということを何度もこのブログで書いてきました。

しかし、十数年前に投資を始めた頃はそのような知識もなく投資というと個別株しかイメージがありませんでした。

投資信託という商品の選択肢が頭にはなかったのです。

その時に投資した個別株で未だに保有しているものがあります。

個別株は将来的には、少しづつ売却していくつもりなのですが、未だに持っていて失敗したなと思っている銘柄を紹介します。

長期低迷して売り時も分からず持ち続けてしまった銘柄。

個別株で失敗したと感じている銘柄は3銘柄です。

コード 銘柄 保有数 平均取得価額 時価評価額 評価損益
9101 日本郵船 300株 1,750円 489,900円 −6.68% −35,100円
5401 日本製鉄 100株 1,490円 111,300円 −25.30% −37,700円
5406 神戸製鋼所 1,100株 498.48円 476,300円 −13.13% −72,034円

 

その内の2銘柄は鉄鋼株です。

今でこそ分散投資を推奨してますが、その当時は鉄の需要はなくならないだろうと安易に考えて購入したのを記憶しております。

もう一つは海運業です。こちらは何かの投資雑誌におすすめ銘柄として紹介されていたのを購入しました。何ともいい加減な雑誌でした。

日本郵船(9101)

日本郵船は海運業の銘柄です。購入当時は海運業は景気が上向くと海運の荷物輸送が増加するので上昇するとされていました。

それを信じて購入しましたが、ご承知の通り海運業はアベノミクスでの景気回復の中でも長期低迷している業種です。

海運業は世界的な競争が厳しく輸送単価も上がっていないと聞いています。(素人知識ですので裏付けはしていません。)

なので、日本郵船だけでなく海運業全体が厳しい環境のようです。

3銘柄の中で評価損益率が一番低く見えますが、保有期間は一番長く時間的な利回りとしては相当なマイナス銘柄になります。

日本製鉄(5401)

日本製鉄も長く保有している銘柄です。こちらは鉄鋼業ですが鉄鋼業も業種的に厳しい状況にあると言えます。

特に日本製鉄は2020年2月7日に生産能力の大幅削減を発表しました。

そして、日鉄日新製鋼の呉製鉄所を2023年9月末までの閉鎖。そして、和歌山製鉄所の第1高炉の2022年9月をめどに休止。

となっています。

評価損益率も大きく−25.30%となっており、長期保有しても意味がなかったと評価しなくてはいけないレベルです。

神戸製鋼所(5406)

次に神戸製鋼所です。日本製鉄と同じ鉄鋼業です。上記にも書きましたが鉄鋼業は相当厳しい経営環境にあります。

なので、長期保有するにはメリットのなかった業種と評価しないといけないと思います。

評価損益率的には−13.13%とそこそこ大きいですが、買値が500円を切っている時に購入しています。

なので、逆にこの程度ですんでいると言えます。もう少し高値で購入していたら日本製鉄と同じくらいの評価損益率を出したと思います。

投資の基本は分散投資であることが分かる。

上記を見ていただいても分かりますが、個別株投資は難しいです。確かに当たると大きいかもしてませんが、なかなか上手く行きません。

やはり、投資は分散投資が大切なのです。少ない資金で個別株投資をしようとすると広く分散出来るだけの銘柄を購入することが出来ません。

私も投資初心者の時はそうでした。

なので個別株を購入しても分散出来るだけの銘柄を購入出来ていなかったのです。

業種も含めて分散投資が大切

個別株投資であっても銘柄を分散できれば分散投資の効果を大きく発揮できます。

しかし、そこまで潤沢な資金を持っている個人投資家は少数派だと思います。なので、少ない資金でも個別株投資をしたいと思っている人は業種も分散することが大切です。

一企業の業績が悪い時は、多くの場合、業種全体が悪いことが多々あります。

一企業の不祥事が原因でない限り長期低迷している時は、業界内の構造的な不況が原因だったりするのです。

なので、個別株投資は銘柄の分散だけでなく業種の分散も大切なのです。

最後に

個別株投資は基本的には難しいです。5年先の企業の状況は誰も分かりません。時代の流れが早いので1年先も分からないと言っても良いかも知れません。

なので、投資が本業でなく資産形成の一部だと考えている人には個別株投資はあまりおすすめ出来ません。

個別株銘柄選定に時間を使うなら、本業の仕事に力を入れたほうがよっぽど投資効率が良いと思います。

投資業界の常識

投資の世界では常識になっていますが、アクティブファンドの運用成績はインデックスファンドに負けているのです。

言い換えればプロでも市場平均に勝てないのです。ましてや本業でない個人投資家が個別銘柄投資でインデックスファンドを上回るのは至難の業です。

素直に自分の能力を受け入れて投資に挑むならインデックスファンドに投資して長期保有するのが賢明です。それに配当再投資すれば資産形成は可能だと考えます。

上記の私の失敗が参考になれば幸いです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村に参加してます。クリックして頂くと有り難いです。