節約

楽天SPUで改悪。楽天モバイル利用で+2倍から+1倍に変更。楽天市場の魅力が少しづつ失われる。

楽天スーパーポイントアップ(SPU)の改悪が4月1日から実施。楽天モバイルを利用している人は楽天市場の買い物が得かを再検討する必要あり。

楽天市場の買い物ではスーパーポイントアップ(SPU)により買い物での付与ポイント率が違います。いわゆる楽天経済圏に多く入っているとポイント付与率が高くなります。全部のサービスは15種類あるのですが全部を達成すると最大で16倍になります。しかし、現実的には全部のサービスを利用して16倍を達成するにはハードルが高いです。なので、主なものだけ紹介します。詳しくは公式のページを見ていただければ分かります。

楽天スーパーポイントプログラム(SPU)

私が主に利用しているサービスは下記の中からでも6種類ぐらいです。余程のことがないと16倍は無理で、多くの人でも下記のサービスが主な利用ではないでしょうか。

サービス 倍率 達成条件
楽天カード +2 楽天カードを利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード +2 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードろ利用して楽天市場でお買い物
楽天銀行+楽天カード +1 楽天銀行の口座から楽天カードご利用分を引き落とし
楽天証券 +1 月1回500円以上のポイント投資(投資信託)
楽天モバイル +2 対象サービスの月額基本料をお支払い
楽天トラベル +1 対象サービスを月1回5,000円以上予約し、対象期間のご利用
楽天アプリ +0.5 楽天市場アプリでお買い物
楽天ブックス +0.5 月1回1注文1,000円以上お買い物
楽天Kobo +0.5 電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物

その中で楽天モバイルの利用はポイント2倍と大きかったのです。なので、この2倍と言うことで楽天モバイルに加入された人もおられたのではないでしょうか。私も楽天モバイルに加入していたので楽天カード+楽天モバイルで必ず4倍は獲得出来ていました。

楽天スーパーポイントプログラム(SPU)に楽天ひかりが加わります。楽天ひかりを利用する必要がない人にとっては改悪。

しかし、これが2020年4月1日より1倍へと変更になります。その代わりスーパーポイントプログラム(SPU)に楽天ひかりが加わります。楽天ひかりはインターネットの光回線サービスで月額3,800円〜(1年間は1,800円〜)となっています。

さすがに楽天市場の買い物のポイント倍率を上げるために楽天ひかりに変更する人は少ないのではないでしょうか。私は、それほど月額料金に対する金額的なメリットを感じないので切り替えることはしないと思います。普通にスーパーポイントプログラム(SPU)に楽天ひかりを加えていただけば良かったのですが、敢えて楽天モバイルのポイントを下げたので改悪と言えるかと思います。

出典:画像は楽天市場公式サイトより

楽天のスーパーポイントプログラム(SPU)は少しづつ改定されています。スーパーポイントプログラム(SPU)に入るサービスが増えたりしていますが、楽天トラベルや楽天ブックスなどの条件が厳しくなったり、楽天アプリのポイント倍率も下げられたりと改悪方向になっているかと思います。

楽天市場の魅力は楽天スーパーポイントにある。

正直、楽天市場での買い物をしている人は楽天スーパーポイントの還元があるので利用している人が多いのではないでしょうか。そのポイントに魅力が感じなくなると楽天市場で購入する意味がなくなります。楽天市場のサイトは決してお世辞にも見やすいとも言えないです。また、価格も他のショッピングサイトに比べて最安値とも言えないような状況になっています。ポイントを加味して考えたら安いかなと思い購入しているのが現状です。なので、節約を意識して買い物をしている人は楽天市場で購入するときは他のショッピングサイトは、一度、価格を確認してから購入することをおすすめします。

Yモバイルやソフトバンクを契約している人はYahooショッピングもおすすめ。

私は携帯の契約をYモバイルにしています。なので自動的にはYahoo!プレミアム会員になります。Yahoo!プレミアム会員だとYahooショッピングの買い物で5%相当を貰うことができるのです。内訳は、

・Tポイントが1%

・PayPayで4%

となります。

出典:画像はYahoo!ショッピング公式サイトより

 

出典:画像はYahoo!ショッピング公式サイトより

楽天スーパーポイントプログラム(SPU)で買い物をするときは約ポイント6倍ほどで購入することが多いので、今は若干、楽天市場で購入する方がお得な感じです。ただ、子供に持たせている携帯は楽天モバイルにしているのでポイントが2倍となっていました。それが、1倍になると楽天での購入よりYahooショッピングでの購入も視野に入ってきます。

また、Yahoo!プレミアム会員だと楽天市場にはない返品保証と破損保証がついてきます。

・返品不可商品でも購入金額の50%が

・破損保証は購入金額または修理金額の80%が

支払われます。

楽天PayからPayPayの切り替えも検討対象にした方がよい

Yahoo!関連はPayPayがメインのキャッシュレス決済サービスになります。楽天は楽天Payになります。多くの方がご存知のようにPayPayは大きな還元キャンペーンを実施します。なので、楽天経済圏で楽天Payをメインに利用している人はPayPayへの切り替えも検討した方がメリットが大きそうです。