クレジットカード

2021年まではLINEポイントを中心に収集するのがベストと考える理由

自分のライフワーク以外のポイントは何を中心に集めるべきか。

コード決済、電子マネー、クレジットカードと支払い方法が多岐多様になっています。どの決済方法がベストか悩むかと思います。

自分の住んでいる環境やライフワークによって違うと思いますが、自分のライフワーク以外でのポイントは、LINEポイントを集めるのがベストと考えます。

特に2021年まではLINEポイントが良いと思います。理由は簡単です。還元率が高いからです。

ただ、マイルなどを集めている人は、すべての買い物をマイルと考えていると思います。なので、陸マイラーの人には参考にならないかも知れません。

自分のライフワーク以外とは

自分のライフワークというのは、すでに自分自身が中心に集めているポイントのことを言っています。

例えば、私の場合だとWAONポイントになります。ライフワークにイオンスーパーがあるので、ここで買い物をする時は明らかにWAONポイントを集めたほうが得です。

また、楽天市場で買い物をする時もそうです。楽天カードを持っていたら楽天市場での買い物は楽天スーパーポイントを付与したほうがいいのです。

ただ、それ以外のコンビニやドラッグストアなどは、特に何かのポイントに特化して集めていません。

また、コンビニやドラッグストアが実施しているポイント還元は、もともとの還元率がそれほど高くありません。なので、集めるほどの魅力がないのです。

なので、自分のライフワーク以外のポイントは何にするかと言うのは重要です。

2021年まではLINEポイントにする理由。

2021年までLINEポイントにする理由は、

①Visa LINE Payカードの支払いで還元率3%になる

②LINE Payの支払いで3%還元が狙える

ということです。

Visa LINE Payカードの支払いで還元率3%

LINEポイントは2021年4月30日まで、Visa LINE Payカードの支払いで還元率3%を獲得出来ます。

これは相当に大きいです。一般のクレジットカードでここまでの還元はなかなかありません。

他のクレジットカードが高還元キャンペーンを実施していない限りVisa LINE Payカードに決済を集中させるのがベストです。

LINE Payの支払いで3%還元が狙える

次に、コード決済は、LINE Payのランクをプラチナランクに上げて、3%還元になったらLINE Payにするのがベストです。

ただ、注意があります。LINE Payでポイントを付与させるには、Visa LINE PayカードをLINE Payに紐づけて「チャージ&ペイ」の支払い方法にする必要があります。

紐付け方法は過去に記事にしてますので、参考にして下さい。

Visa LINE Payカードを使えばLINEのマイランクをプラチナにすることが容易?

LINEのマイランクというのは「LINEポイントクラブ」でユーザーに適用されるランク制度のことをいい。

「LINEポイントクラブ」というのは、過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」によって、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのランクに分類する制度のことです。

ランクについては下記の表になります。ランクは毎月の1日の10:00に更新されます。

過去6ヶ月のLINEポイント獲得数 ランク
5,000ポイント プラチナ
500ポイント ゴールド
100ポイント シルバー
0ポイント レギュラー

ランク特典については毎月更新が行われるようです。

出典:画像はLINE Pay公式ブログより

ゴールドまでは容易になれる

過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」によってランクが決まるのですが、Visa LINE Payカードを持っていると比較的容易にゴールドまで達成出来ます。

私の場合、2020年5月9日にはじめてVisa LINE Payカードを使いました。しかし、まだ1ヶ月も経過していないのに363ポイント貯まっています。

キャンペーンポイントの50ポイントもありますが、6ヶ月以内に500ポイントは余裕で超えると思います。

ゴールドランクだとLINE Payの支払いで2%の還元を受けることが出来ます。

Visa LINE Payカードの還元には負けますがコード決済で2%還元は高還元と言えます。

他社のコード決済では0.5%〜1%が限界

今のコード決済はキャンペーンを実施していない限りポイント還元率は、それほど良くありません。

楽天PayとPayPayで比べると楽天Payが楽天カードの紐付けで1%還元、PayPayは決済で0.5%還元しかありません。

唯一、au Payが高還元で1.5%還元となります。

楽天Pay PayPay LINE Pay au Pay
クレジットカード紐付け 1%還元 還元なし 還元なし

(決済ポイントを受けるならVisa LINE Payカード必須)

1%還元

(200円ごとに2ポイント)

コード決済 なし 0.5% 1〜3% 0.5%
合計 1%還元 0.5%還元 1〜3%還元 1.5%還元

LINE Payは最低ランクのレギュラーランクでも1%還元があります。コード決済においては高還元です。

ただ、au Payはデフォルトで1.5%還元なので、LINE Payの支払いはゴールドランクになってからするのがベストです。

Visa LINE Payカードだとプラチナランクも可能

また、Visa LINE Payカードだとプラチナランクも比較的容易に達成出来るかと思います。

単純に計算すると6ヶ月で5,000ポイントの獲得が必要なので、Visa LINE Payカードを167,000円弱の決済で到達出来ます。

これは、Visa LINE Payカードだけの決済で考えていますが、各種キャンペーンを利用すれば6ヶ月で5,000ポイントの獲得は一気にハードルが下がります。

一度、プラチナランクになればVisa LINE PayカードでもLINE Payのどちらでの支払いでもよい。

LINE Payはゴールドランクまでは還元率が2%なので、Visa LINE Payカードで決済をした方が得です。

しかし、プラチナランクまで上がると還元率が3%になるのでVisa LINE PayカードでもLINE Payでも還元率は同じになります。

なので、プラチナランクまで上がってしまうとLINE Payが利用できるならLINE Payの決済でも大丈夫です。

プラチナランクまで上がったらなるべく維持をする

また、プラチナランクまで上がるとなるべく高還元を維持したほうがいいです。

2021年4月31日以降になるとVisa LINE Payカードのキャンペーンが終わるので3%還元を受けるにはプラチナランクが必須になります。

なので、プラチナランクから落ちた場合、再び3%還元に戻すには、2%還元を甘んじて受けながら決済する必要があります。

2021年までの戦略

Visa LINE Payカードを利用してプラチナランクになる。

プラチナランクになったら維持できるまで維持して、ランクが落ちたら、別の決済方法を模索する。というのが2021年までの戦略かと思います。

ただ、他社の各種キャンペーンには注意が必要です。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村に参加してます。クリックして頂くと有り難いです。