クレジットカード

クレジットカードで見栄を張る必要のない人は楽天カードが最強。楽天カードでポイントを集める方法。

楽天カードを利用することのメリットをまとめました。楽天カードは楽天スーパーポイントを貯めるには必須のアイテムです。

楽天カードを利用して楽天スーパーポイントを効率よく貯める方法をご紹介します。まず、楽天スーパーポイントを貯めるには楽天カードの申し込みは必須と思っていいです。

楽天カードは楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードで、楽天株式会社が100%出資している会社です。

楽天カードは年会費無料

楽天カードを作るメリットは、まず年会費が無料ということです。なので、クレジットカードを作成する敷居が低いです。

出典:画像は楽天カード公式サイトより

キャンペーンの時に作成する

楽天カードを作成する際はキャンペーンを実施していることがあるので、それを利用する方がいいです。

通常は5,000ポイント還元となります。ただ、期間によっては7,000ポイントや8,000ポイントの時もあるので8,000ポイントの時を狙って作成するのがおすすめです。

だいたい7,000ポイントは1ヶ月に1回ぐらい、8,000ポイントは年に3回ぐらいの頻度でキャンペーンをやります。ただ、あくまでも目安です。

出典:画像は楽天カード公式サイトより

通常の買い物で1%の還元率がある

楽天カードは楽天市場でなく通常の買い物でも100円につき1ポイント付与されます。なので、還元率としては1%との還元率となります。

ただ、だいたい毎月、実施しているキャンペーンがあるので2%の還元率にすることが出来ます。

それが、「街での楽天カードご利用分がポイント2倍」というものです。条件としては

・キャンペーンにエントリー

・楽天市場で楽天カードを利用して20,000円以上のお買い物

・街で楽天カードの利用

上記をすることによってポイントを2倍になります。

上限金額付与ポイントは1,000ポイントとなります。楽天市場で楽天カードを利用しての、20,000円以上のお買い物が少し敷居が高いですが、日常的で購入しているものを楽天市場に変更することで達成は可能ではないでしょうか。

出典:画像は楽天カード公式サイトより

楽天カードは楽天ポイントカードとしても利用が可能

楽天カードは楽天ポイントカードにもなります。楽天ポイントカードは楽天カードの裏面のバーコード部分をお店に提示することで楽天ポイントカードとして利用できます。お店の人にスキャンしてもらうことで、ポイントを貯めたり利用したりできます。

出典:画像は楽天カード公式サイトより

楽天ポイントカードが利用できるお店は、

・ファミリーマート

・すき家

・サンドラッグ

・マクドナルド

・ミスタードーナツ

・プロント

・銀だこ

・はま寿司

などがあり、随時加盟店は増えています。

出典:画像は楽天ポイント公式サイトより

出典:画像は楽天ポイント公式サイトより

楽天カードは楽天Edyとしても利用が可能

楽天カードの表面の右上に楽天Edyの文字があるかと思います。なので、楽天カードは楽天Edyとしても利用が可能なのです。

また。楽天Edyが利用出来る店舗で買い物をすると楽天スーパーポイントが200円につき1ポイントもらえます。還元率にして0.5%になります。

出典:画像は楽天カード公式サイトより

楽天Edyのチャージは楽天カードで

楽天Edyへチャージは現金でも出来ますが、楽天カードからのチャージをおすすめします。現金でチャージをしても楽天スーパーポイントは付与されません。しかし、これを楽天カードからチャージをすると、200円のチャージごとに1ポイント付与されます。

なので、

・楽天カードからのチャージで0.5%の還元

・楽天Edyの利用で0.5%の還元

になるので合計1%の還元を受けることが出来ます。

楽天Payと楽天カードを紐付ければ実質1.5%の還元を受けることが出来る。

電子マネーとして楽天Payがあります。楽天Payを利用出来るお店であるなら楽天Payで決済をした方が得です。楽天Payと楽天カードを紐付けておけば楽天Payで支払った金額を楽天のクレジットカードの請求に合算できます。

そうすると、200円の買い物で、

・楽天カードのポイントが2ポイント

・楽天Payでの支払いで1ポイント

付与されます。

楽天Payの支払いでは200円で1ポイントが付与されるのです。なので、楽天カードのポイントも合わせて合計1.5%の還元率となります。

楽天Payは期間限定ポイントを上手く消費できる

楽天スーパーポイントの不便な点は期間限定ポイントにあります。各種キャンペーンで付与されるポイントは期間限定ポイントが主になります。

なので、ついつい使い忘れたり、特に欲しい物がないまま期限を迎えてしまい失効されてしまうことが起きてしまいます。私も何度が失効させてしまうミスをしました。

しかし、楽天Payでポイント支払いを選択すると期間限定ポイントから支払いをしてくれます。失効日が近いポイントから先に消費してくれるので、期間限定ポイントを効率よく楽天Payで消費することが可能なのです。

楽天カードの最大の強みは楽天市場での買い物で常に楽天スーパーポイントが2倍付与される。

楽天カードはその名の通り楽天市場での買い物で威力を発揮します。通常は100円で1ポイント付与されるところが楽天市場で買い物をすると100円で2ポイント付与されます。通常の2倍のポイントとなります。

ただ、楽天市場での買い物の場合は各種セールやSPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用することにより更にポイントアップが狙えます。

楽天カードを作成したら楽天証券で積み立て投資を始めましょう。

楽天証券で投資信託を購入するのに、楽天カードを利用して購入することが出来ます。これは、すごいことなのです。しかも決済額に応じて楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント付与されます。ただし、上限金額が月に50,000円までなので最高、月に500ポイントとなります。

なので、積み立てNISAは年間400,000円が上限ですので、

・33,333円を積み立てNISA

・16,667円を通常口座

で投資信託の積み立て投資をすれば年間6,000ポイントが入ります。

これは利用しないと損ですのでおすすめします。投資において1%の運用益を上げるのは難しいのに購入するだけで1%付与されるのは、リスク無しで利益を得れるので利用しないと損と言えます。

楽天スーパーポイントでカードの請求額を相殺できる。

楽天スーパーポイントのすごいところは楽天カードの請求を楽天スーパーポイントで支払うことが出来るのです。

例えば楽天カードの請求が100,000円あったとして、10,000ポイント持っていたとすれば、この10,000ポイント分を支払いに当てることが出来るのです。なので、

 ・100,000円−10,000ポイント=90,000円

となり楽天カードの請求額を90,000円に減らすことが可能なのです。

しかも、50〜500,000ポイントの範囲で相殺が可能なので、ほぼ上限がないようなものです。なので、楽天スーパーポイントは現金とほぼ、変わらない利用が出来るのです。

ただ、申込みは毎月12日〜20日までに行う必要があります。そして、一部の金融機関で引き落とし口座を設定している人は、15日までが期限になります。期間が短いので忘れずに利用しましょう。

楽天カードの最大のデメリットは

楽天カードを利用することにおいて、デメリットはほとんどありません。メリットの多いカードと言えます。しかし、唯一の欠点としたらブランド力がないことです。

クレジットカードはゴールドカードやアメックスカードなど、ステータスを感じることができるカードはたくさんあります。しかし、楽天カードは年会費無償ですし決してステータスが高いとは言えません。

しかし、所詮はクレジットカードというのは決済手段の一つです。特に見栄を張る必要がない人は楽天カードで十分だと思います。