クレジットカード

即日融資が必要なときには消費者金融に頼るしかない。消費者金融は無利息期間を上手く利用すること。

消費者金融でお金を借りるのは最後の手段です。

本来なら借金は絶対にしてはいけません。借金は利息が発生しますし、それが複利で増えていきます。投資においての複利効果を利用するのは正しい姿ですが、借金においては複利効果が逆に効いてきます。

ですが、生活費やいろいろな事情でやむ得ない借金をしないといけない場合もあります。その時に間違った借金をしないように気をつけて下さい。

消費者金融で借りる前に無利息で借りれる方法を検討する

基本的に借金をするときには無利息で借りれるのがベストです。それでも難しい場合は大手銀行系のカードローンなどが有効ですが、即日融資を受けるのは難しいです。それなりの審査に時間がかかります。

しかし、消費者金融のカードローンは融資が早いので、すぐに現金が必要な人は消費者金融で借りるのもいいかもしれません。ただ、消費者金融は金利が高いので借りる時は計画的に借りる必要があります。

消費者金融の上限金利は基本的に18%になります。

だいたい、大手銀行のカードローンの金利は3%〜15%ぐらいが標準です。しかし、消費者金融のカードローンは3%〜18%ぐらいになります。

ただ、大手銀行のカードローンの記事でも書きましたが、3%で借りることはほとんど出来ません。なので、上限金利を中心に考えましょう。

消費者金融と言っても多数会社があります。地方を中心に地元に根づいた消費者金融もあればTVなどで頻繁にCMをしている大手の消費者金融もあります。

始めて借り入れを行うのであれば大手の消費者金融をおすすめします。消費者金融の金利は基本的にはどこも大きく変わりません。ただ、大手の消費者金融だとコンビニでのATMが利用できたりネットで返済できたりと返済手段が身近にあります。

消費者金融でお金を借りる時は返済方法を先に考えること

消費者金融からお金の借りる時は、返済をどのようにしていくかを考えて借りるのが鉄則です。返済するのに手間がかかるようでは、ただでさえ、返済は苦痛なのに気軽に返せないとなると返済を遅延してしまいます。

地方の消費者金融でも自分にとって利用しやすいようでしたら地方の消費者金融で借りても問題はないです。ご自宅の近くにある消費者金融を少し調べてみても良いかも知れません。大手にないサービスを実施している可能性もあります。

大手消費者金融を利用するなら無利息期間を意識する。

大手消費者金融で主にTVCMなど頻繁に宣伝しているのが下記になります。

金融会社 実質年率 無利息期間 無利息条件
プロミス 4.5%〜17.8% 初回利用の翌日から30日間 Eメールアドレス登録

「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」の選択

アイフル 3%〜18% 初回契約の翌日から30日間
アコム 3%〜18% 初回契約の翌日から30日間
レイクALSA 4.5%〜18% 初回契約の翌日から60日間

5万円までは初回契約の翌日から180日間

※併用はできない

契約額1〜200万円の方

60日間の無利息はWEB契約限定

プロミスは初回利用の翌日なので契約を済ましていても問題ない

上記表を見ていただいたら分かると思いますが、プロミスの上限金利が0.2%安いです。しかも無利息条件で初回利用の翌日から30日間になります。

その他は初回の契約の翌日なのでプロミスは利用する予定がなくても審査申込みだけはしていても良いかも知れません。

無利息期間が長いのがレイクALSA

無利息期間が圧倒的に長いのがレイクALSAです。初回契約の翌日から60日間もあります。他の消費者金融の倍の期間になります。ただしWEB契約での申込みが条件ですので、契約する際は絶対に間違えないで下さい。

プロミスのカードローン契約をしてレイクALSAで借りる

プロミスは初回利用の翌日から無利息になるのでカードローンの契約をして利用しなければよいのです。そして、審査が通るのであればレイクALSAで契約をして借り入れをするば60日間の無利息期間を利用出来ます。

”初回契約の翌日から”の注意点

なので、レイクALSAで契約をするのであれば契約と同時にお金を借りないと無利息期間が無駄になるので注意して下さい。”初回契約の翌日から”というのは借りえいれが必要な時に契約しないと損になります。

最後に

消費者金融は金利が高いので慎重に利用する必要があります。ただ、無利息期間を上手く利用すれば大手銀行のカードローンより低金利でお金を借りることが出来ます。

また、即日融資が可能なのも消費者金融の魅力でもあります。大手カードローンなどは若干金利が安いですが審査に多少時間がかかります。なので、即日融資が必要な方は消費者金融を利用した方がいいです。

リボ払いの検討

ただ、消費者金融で利息を支払う段階になると上限金利18%という高金利であることを忘れないで下さい。一般的にクレジットカードのリボ払いの手数料が15%ぐらいです。

皆様が利用しているクレジットカードのリボ払いの手数料が15%ぐらいであるならリボ払いを検討しても良いかも知れません。

消費者金融の無利息期間を利用しながら、他の低金利で借りれる方法を模索する必要があります。あくまでも消費者金融は即日融資の必要性があり、無利息期間限定で利用することを強くおすすめします。

返済計画を先に決めて利用する

TVCMなどでも「ご利用は計画的に」と言われています。消費者金融を利用する時は返済計画をしっかり考えてから利用して下さい。高金利でお金を借りることのリスクは相当に高いです。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村に参加してます。クリックして頂くと有り難いです。