クレジットカード

Visa LINE Payカードの家族カードの申込みの仕方。1人目は無料なので作成してみたら。

Visa LINE Payカードは2020年最高の高還元率カードです。

Visa LINE PayカードはLINE Payと紐付けをして利用すれば、2021年4月30日まで3%の還元を受けることが出来ます。

クレジットカードで3%の還元は相当な高還元率なので2021年4月30日までのクレジットカード決済はVisa LINE Payカードの一択でもいいと思えるカードです。

Visa LINE Payカードは追加カードが利用できる

Visa LINE Payカードは追加カードも発行してもらえます。追加カードには家族カード、ETCカード、バーチャルカードの3種類あります。

追加カード 初年度年会費 年会費 内容
家族カード 1人目は無料

2人目以降は440円(税込)

440円(税込)

家族カードで3回以上の利用、1枚目は無料

本会員と同様のサービス
ETCカード 無料 550円(税込)

前年度に1回以上のETC利用で無料

三井住友カード プラチナ会員は無料

有料道路のキャッシュレス通貨カード
バーチャルカード 無料 330円(税込) インターネット決済専用カード

出典:画像は三井住友カード公式サイトより

家族カードは1枚目無料なので作成して損はない

ETCカードとバーチャルカードは初年度の年会費は無料なのですが、2年目以降は年会費がかかります。

ETCカードは一定の条件で無料になります。しかし。他社のクレジットカードでは2年目以降も無料のカードがありますので、そちらでETCカードを作成した方が得です。

しかし、家族カードは1枚目までは無料で作成出来ます。2年目以降は無料の条件がつきますが、ハードル的には低いです。

家族の家計決済のポイントを取りこぼさないためにも、家族カードを作成しても良いのではないでしょうか。(2年目以降は再検討するということで。)

Visa LINE Payカードの家族カードの申し込み方

Visa LINE Payカードの基本的な管理はVpassというアプリで行われます。なので、家族カードなどの追加カードもVpassで行う必要があります。

VpassアプリはVisa LINE Payカードを手にしたらインストールして登録しておきましょう。

Vpassアプリを起動してトップ画面からメニューを開く

アプリを起動するとトップ画面が開きます。設定がVisa LINE Payカードになっていることを確認して右下のメニューをタップします。

メニューから追加カードを選択

メニュー画面が立ち上がるので、そこから「その他カード」欄から「追加カード」をタップします。そうすると付帯カード一覧が出てくるので、下にスクロールして「家族カード」を選択します。

家族カードの申し込み

追加カードの選択で「家族カード」を選択したら下部に「お申し込みはこちら」と出てきます。そうしたら、そこをタップして下さい。

複数のカードをVpassに登録していたら選択肢が出てくるので、Visa LINE Payを選択して下さい。

家族カード会員規約承認

次へ進むを押したら家族カード会員規約が出てきますので確認をして下さい。

確認が終わったら「同意する」をタップします。

会員情報の入力

会員情報を入力画面が出てきますので各項目を入力する。

・氏名

・生年月日

・性別

・続柄

・暗証番号(半角英数4桁)の設定

個人情報の入力が終わり登録したら申込みは完了です。

家族カードを作ることのメリット

通常、クレジットカードは個人の名義でないと利用出来ません。他人のクレジットカードを使うことは違法です。これは、たとえ家族といっても利用することは出来ません。

しかし、家族の日常品などの家計で利用するカードが個人単位で別れていると家計の把握が煩雑になります。

引き落とし口座も別だと誰がいつ何の買い物をしたのかが、分かりにくくなります。しかし、家族カードだと請求もまとまりますし、利用状況もVpassアプリで一元管理出来ます。

独身でなく家族と一緒に暮らしているのでしたら、1枚だけなら年会費もかからないので、作成しても良いのではないでしょうか。

最後に

Visa LINE Payカードは2020年のクレジットカード還元率でいったらトップクラスに入ると思います。

2020年4月30日までの限定ですが、それ以降も1%の還元率は基本還元率として続くのでキャンペーンが終わっても高還元率カードであることは間違いないです。

なので、まだ家族カードでなくVisa LINE Payカード自体をまだ、作成していないのでしたら作成した方が良いと思います。

Kyashカードとの連携は出来ない模様

ただ、Kyashカードと連携して利用するしてもポイントの2重取りは出来ないようです。なので、普段、Kyashカードを利用している人はVisa LINE Payカードを作っても単独で利用しなくては行けなくなります。

Kyashカードに紐づけてポイントの2重取りをして、3%までは還元を受けるのは難しいと思います。なので、しばらくはVisa LINE Payカード一択の利用になるのではないでしょうか。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村に参加してます。クリックして頂くと有り難いです。