節約

楽天銀行のメリットとデメリットをまとめてみた。楽天スーパーポイントを貯めるなら口座開設は必須。

楽天銀行を利用すれば楽天スーパーポイントを貯めることが可能。楽天経済圏に入っている人は必須の銀行口座。

楽天銀行は楽天銀行株式会社が運営する銀行で楽天カード株式会社が100%出資しています。楽天スーパーポイントを集めている人であるならば楽天銀行の口座を開設することをおすすめします。

楽天銀行はもともとイーバンク銀行でしたが、2009年に楽天株式会社の完全子会社となり2010年に楽天銀行となりました。楽天銀行になってからは、かなりの改悪が行われましたが、それなりのメリットもあるので楽天経済圏の人は口座開設をして利用することをおすすめします。

楽天銀行のメリットとデメリット

楽天銀行で口座開設をするメリット

・普通預金金利が高い(楽天証券とのマネーブリッジが必要)

・ハッピープログラムで楽天スーパーポイントが貯まる

・会員ステージに応じてATM手数料が無料になる

・配当金を受け取るだけで1件毎に10円がもらえる

・デビットカードだと還元率1%受け取ることが可能

・プリペイドカードにすると最高500円のバリューがもらえる(メリットでもないかも)

・楽天カードの引き落とし口座にするとSPUで1倍増やせる

があります。

デメリットとしては、

・会員ステージが低いと無料で利用出来るサービスが少ない

・ATM手数料が高い

というのがあります。

なので、楽天銀行口座を開設してサービスを利用するには会員ステージを上げることを意識しないといけません。

会員ステージを上げるには

楽天銀行会員ステージは「ベーシック」「アドバンスト」「プレミアム」「VIP」「スーパーVIP」の5種類あります。それぞれの条件毎に来月の取引条件が変わります。

会員ステージ 条件 ATM利用手数料無料回数 他行振込手数料無料回数 楽天スーパーポイント獲得倍率
スーパーVIP 残高300万円以上または取引30件以上 7回/月 3回/月 3倍
VIP 残高100万円以上または取引20件以上 5回/月 3回/月 3倍
プレミアム 残高50万円以上または取引10件以上 2回/月 2回/月 2倍
アドバンスト 残高10万円以上または取引5件以上 1回/月 1回/月 1倍
ベーシック エントリー なし なし 1倍

こう見るとベーシック会員だと、ほとんどメリットはありません。なので、楽天銀行口座を有効に利用するには会員ステージを上げることが重要です。

楽天銀行の普通預金金利が高いですが楽天証券とのマネーブリッジが必要です。

楽天銀行で普通預金金利を0.1%にするには楽天証券口座を開設して「マネーブリッジ」という楽天証券口座と楽天銀行口座を連携させることが必要です。

ただ、申し込みは無料ですので楽天証券口座をお持ちでない方は口座だけでも作成された方がいいです。(必ずキャンペーンを利用して口座開設するのを忘れないで下さい。)

「マネーブリッジ」の設定の仕方

もう楽天証券口座をもっていて「マネーブリッジ」を行っていない人は、すぐに行った方がいいです。やり方は簡単です。

楽天銀行にログインして、上段メニューの「商品・サービス一覧」>「マネーブリッジ」と進んで下さい。

マネーブリッジの設定をクリックして設定して下さい。(画面は私の画面のため、設定済みになってますが)また、楽天銀行と楽天証券で自動入出金(スイープ)を行う設定もここで行うことが出来ます。

自動入出金(スイープ)とは

スイープ(自動入出金)の設定をしておくと楽天証券口座で株式を購入する時に預り金が不足していても、楽天銀行口座にお金があれば楽天銀行にログインしないで買付金の不足分を自動で入金して買付が出来ます。

逆に株式を売却して楽天証券口座に現金が残った場合、楽天証券口座から出金手続きなしに夜間で自動的に楽天銀行口座に入金されます。こうすることで楽天銀行の優遇金利を効率的に受けることが可能です。

ただ、資金を移動させたくない金額などを予め設定できますので、ここで設定して下さい。最後に暗証番号を入力したら設定が終了です。

上記の「マネーブリッジ」の申し込みをしているだけで楽天銀行の普通預金金が0.1%となります。今の時代だと相当に高金利になりますので是非、申し込みをして下さい。

楽天銀行のハッピープログラムで楽天スーパーポイントが貯まる

ハッピープログラムというのは楽天証券の取り引きに対して楽天スーパーポイントがもらえるプログラムです。もちろん申し込みは無料ですので必ず申し込みをしましょう。

主な内容は、

・国内株式(現物の買い、売り。信用新規、返済。)の手数料100毎に1ポイント

・外国株式の手数料100毎に1ポイント

・投資信託、残高10万円ごとに4ポイント

がもらえます。

申し込み方法は簡単です。楽天銀行にログインして上段メニューにハッピープログラムがあるのでクリックして楽天会員リンク登録にエントリーすれば完了です。ただ、楽天会員であることが必須ですので楽天会員でない人は楽天会員登録を済ませておいて下さい。

配当金を受け取るだけで1件毎に10円がもらえます。必ずエントリーしましょう。

配当金を楽天銀行で受け取るように設定をして、楽天銀行で配当金を受け取ると、1件につき10円の現金を受け取ることが出来ます。また、楽天銀行の会員ステージを上げる取り引き対象でもあります。

ただ、1つだけ条件があります。それは「月ごとに定める受取期間内にエントリーが必要です。」多くの場合、毎月、月初から月末にかけてエントリーを受け付けているので、配当を受け取る月は忘れないようにエントリーして下さい。

デビットカードだと還元率1%受け取ることが出来ます。

楽天銀行カードでデビットカードを選ぶことが出来ます。楽天銀行カードのデビットカードで決済をすると100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを受け取ることが出来ます。還元率1%になるのでデビットカードを利用される方は検討してみて下さい。

ちなみに私は利用をしていません。楽天Payや楽天Edy、そして楽天カードでも楽天スーパーポイントを還元率1%以上で受け取れるので利用するメリットを感じていません。

プリペイドカードにすると最高500円のバリューがもらえる(メリットでもないかも)

楽天銀行のカードで楽天銀行プリペイドカード(JCB)といのが選べます。プリペイドカードなので事前にカードへ現金をチャージする必要があります。

ただ、楽天銀行カードですのでチャージ金額に楽天スーパーポイントを利用することが出来ます。

また、チャージ金額に応じてプレミアムバリューをもらうことが可能です。もらえるプレミアムバリューはチャージ金額によって違います。

5,000円以上 チャージしたら25円のバリューをプレゼント
10,000円以上 チャージしたら70円のバリューをプレゼント
30,000円以上 チャージしたら240円のバリューをプレゼント
50,000円以上 チャージしたら500円のバリューをプレゼント

上記表を見てもらったら分かると思いますが50,000円で1%の還元率です。しかもバリューをいうのはJCB加盟店でしか利用出来ません。なので、それほど、お得感がないのであまりおすすめ出来ません。もっと還元率の高い決済手段を利用された方がいいです。

ただ、クレジットカード決済が不安だったりする人は、検討してみても良いかも知れません。

楽天カードの引き落とし口座にするとSPUで1倍増やせる

楽天カードの引き落としを楽天銀行にすれば、楽天市場での買い物で付与される楽天スーパーポイントが、+1倍増やすことが出来ます。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは

楽天市場はSPU(スーパーポイントアッププログラム)というのを実施しています。楽天が提供しているサービスを利用する毎に、楽天市場での買い物でのポイントが、増えるサービスです。その中で楽天銀行が関係するサービスは楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることで1倍増えます。

特に引き落とし口座はどこの口座でも良い人は、楽天銀行にしていても良いかも知れません。ちなみに私は楽天銀行にはしてません。理由としては楽天銀行口座は持ってますがメイン口座にはしていないためです。しかし、近い将来、利用しようか検討してます。

楽天銀行を利用することのデメリット

楽天銀行はネット銀行の中では古い銀行なので、知名度やサービスなどは充実していると思います。ただ、先にも述べましたが楽天銀行の会員ステージが低いとデメリットが目立ちます。ほとんどの取引で有料になってしまいます。

他のネット銀行の方が無料で利用出来るハードルが低い

今はネット銀行も多くあり、他のネット銀行では容易に無料取引出来るが、楽天銀行だと会員ステージを上げる条件が厳しいです。

有料になるとATM手数料が高い

また、楽天銀行のATM手数料は少し割高です。無料回数が足りなくて有料になると、3万円以上でないと入金手数料が発生します。また、「セブン銀行」、「イオン銀行」、「ステーションATMパッとサッと」だと入出金手数料が220円となり。それ以外のATMだと275円かかります。

なので、楽天銀行を利用するには会員ステージをなるべく上げて利用する必要があります。サービス面からしたらイオン銀行の方が上かも知れません。