イオン関連

イオンカードセレクトを持っていたら、WAONでの決済に集中させるべき理由。

イオンカードセレクトはイオン銀行の利用が必須。

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードとWAON、イオンカードが一体になったカードです。

なので、イオンカードセレクトの引き落とし口座は必ずイオン銀行になります。

普通預金金利を純粋に比べると楽天銀行の方がよい

イオン銀行は2020年4月29日までは最高ステージのプラチナになると普通預金金利が0.15%もありました。

しかし、2020年4月30日からはプラチナでも0.1%しかありません。大手の銀行よりは100倍近い金利ですが、楽天銀行でマネーブリッチを利用していると何もしなくても普通預金金利が0.1%あります。

純粋な金利比較をすると楽天銀行の方がお得です。

少額の預金だと楽天銀行は手数料が無料にならない

楽天銀行は10万円未満の金額だとATM利用手数料、他行振り込み手数料も無料になりません。なので、少額のお金を楽天銀行に置いていてもメリットが何もありません。

なので、楽天銀行を利用するには10万円以上は普通預金金利口座に残して置く必要があります。※10万円未満だと自分のお金を下ろすのでさえ手数料が必要です。

イオン銀行だと手数料無料でATMを利用できる

イオン銀行の魅力は、イオンカードセレクトだとイオン銀行のATMを24時間365日無料で利用できます。

また、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行のATMも、平日日中なら手数料無料で利用できます。

出典:画像はイオン銀行公式サイトより

WAONに決済を集中させてイオン銀行のMyステージを上げる。

イオン銀行を利用するならプラチナランクにならないと、普通預金金利で楽天銀行より損をしてしまいます。

なので、必ずイオン銀行Myステージでプラチナランクを目指して下さい。

イオン銀行Myステージ

イオン銀行Myステージは「ブロンズ」、「シルバー」、「ゴールド」、「プラチナ」のステージに分かれています。それぞれのステージ毎に受けれるサービスが違ってきます。

ステージ ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
普通預金適用金利(2020年4月30日現在) 年0.01%(税引後年0.007%) 年0.03%(税引後年0.023%) 年0.05%(税引後年0.039%) 年0.10%(税引後年0.079%)
他行ATM入出金利用手数料無料回数 月1回 月2回 月3回 月5回
他行宛振込手数料無料回数 月0回 月1回 月3回 月5回
必要なイオン銀行スコア 20点以上 50点以上 100点以上 150点以上

 

イオンカードセレクトではWAON決済の方がお得

イオン銀行を利用するならMyステージを少しでも上げた方が得なのです。そう考えるとイオンカードセレクトでイオンスーパーなどの決済をするとランクアップ的に損をしてしまいます。

WAONでの加点表

口座振替金額 スコア
1円〜1万円未満 10点
1万円〜2万円未満 20点
2万円〜3万円未満 30点
3万円〜4万円未満 40点
4万円〜5万円未満 50点
5万円〜6万円未満 60点
6万円〜7万円未満 70点
7万円〜8万円未満 80点
8万円〜9万円未満 90点
9万円〜 100点

イオンカードでの加点表

口座振替金額 スコア
1円〜2万円未満 10点
2万円〜4万円未満 20点
4万円〜6万円未満 30点
6万円〜8万円未満 40点
8万円〜10万円未満 50点
10万円〜12万円未満 60点
12万円〜14万円未満 70点
14万円〜16万円未満 80点
16万円〜18万円未満 90点
18万円〜 100点

イオンカードの決済だと倍の金額が必要

上記の加点表を見てもらったら分かるように加点計算がWAONの場合、イオンカードの半額の決済で加点されていきます。

なのでイオンスーパーで買い物をする時はWAONカードで決済するようにするべきです。

イオンカードセレクトならWAONカードの自動チャージ設定をして利用。

イオンカードセレクトを手にしたならWAONカードへの自動チャージで利用しないといけません。

なぜなら、イオンカードセレクトで自動チャージをすると200円チャージごとに1ポイント付与されるます。

出典:画像はイオン銀行の公式サイトより

ときめきポイントの決済還元率はWAONと同じ還元率

普通にイオンカードで決済すると付与されるポイントはときめきポイントだけになります。しかも決済の還元率はWAONと同じ還元率です。

ときめきポイントはオートチャージのような還元がない

ときめきポイントとWAONの決済還元率は同じですが、ときめきポイントには自動チャージのような還元がありません。なので、WAONの自動チャージと決済で、ときめきポイントより0.5%ポイントを多く獲得できるのです。

イオンカードセレクトもイオンゴールドカードセレクトを狙うべき。

イオンカードセレクトでイオン銀行を利用するならイオンゴールドカードセレクトを狙う方がいいです。

イオンゴールドカード自体が年会費無料の超お得なゴールドカードですし、年間決済額が100万円で手にすることが出来ます。

イオンゴールドカードセレクトならゴールドステージが確約

イオンゴールドカードセレクトを手にしたならMyステージでゴールドステージにすぐに達成します。

イオンゴールドカードを手にしてWAONの自動チャージ設定まですれば60スコアになります。

それにインターネットバンクに登録すれば、さらに30スクア加算されるので90スコアになります。後は、WAONで1円以上の決済をすればゴールドステージになります。

なので、セレクトカードにするならイオンゴールドカードセレクトをおすすめします。

出典:画像はイオン銀行公式サイトより

最後に

イオングループはWAON決済に力を入れているのかイオンカードの決済よりWAONカードでの決済の方がサービスが良いように感じます。

イオンカードセレクトを利用するときでも、

・Myステージで決済の加算点が高い

・オートチャージでポイント還元がある

ことでイオンカード決済より有利です。

なので、なるべくイオングループを利用する時はWAONで決済した方がお得です。

ただ、イオングループ以外の街なかで利用する時は0.5%の還元しかないので、1%以上の高還元クレジットカードで決済した方が得です。

WAONを利用するならイオングループに限定しておいた方がいいです。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村に参加してます。クリックして頂くと有り難いです。