資産額

2020年3月13日現在の総資産は18,327,174円。-5,905,408円の大損失。

【悲報】新型コロナウイルスの大暴落で先月より大きくマイナスを出してしまいました。

2020年3月13日現在の総資産は18,327,174円となりました。先月から−5,905,408円となります。想像以上の被害がありました。今月は集計をしていて手が震えました。

これだけの金額を巻き返すのは相当大変です。私は基本的にバイ・アンド・ホールドをしてますので損切りとかの概念はありません。どちらかと言うと、逆に、さらに投資をしていきたいと思っているぐらいです。しかし、今は手持ち現金比率も下がり追加購入できない状況です。正直、悲惨です。

手元現金比率が下がっていることが心配

手元現金比率が下がっている理由は体調を崩しての医療費が多く発生したのと、子供の中学校の入学準備でお金が必要だったからです。

しかし、何とかなるだろうと思っていたところに、新型コロナウイルスの大暴落に見舞われました。これは本当に想定外です。もし、事前に分かっているなら、もう少し慎重になり手元現金を増やしていたと思います。

もし、手元現金がもう少しあれば、下落した株を追加で購入していたと思っています。新型コロナウイルスで株価がどこまで下がるか分かりませんが、そのようなことは気にしていません。長期投資家にとっては購入後、さらに下がっても誤差の範囲内です。

手元現金が増える予定がない

体調を崩して医療費がかかっていますが、これは今月も続きます。なので、どんなに節約をしても手元現金が増える要素がありません。なので、今月も相当に厳しい経済状況になるかと思います。

新型コロナウイルスについては先が見えない。極端な行動は避けた方がいい。

巷では新型コロナウイルスによる実体経済の影響が図り知れないので、さらに下がっていくと予測されている人もいます。そうであるなら売りを仕掛けて勝負することも考えられます。しかし、大概このような状況で損を取り戻そうとすると、痛い目にあうのが通例です。また、手元現金が少ないながらも買いに向かうことも考えましたが、そのような時に限って急な出費が必要になることも考えられるのです。なので、ここは守りに徹することにします。生活防衛のためにも節約に励みます。

一番大きな失敗は遊びで短期勝負をしてみたことです。自分のルールを無視すると失敗するものです。

新型コロナウイルスによる大暴落の被害は不可抗力なので仕方ないと思っています。このような天災や疫病、感染症のパンデミックなどは事前に予想出来ません。なので、何が起こっても大丈夫なようにリスク管理をしておくのが投資家としての必須のスキルです。

自分のルールでは長期投資が基本

また、私の投資スタイルは長期投資で配当再投資を基本にしています。しかし、今回は何を思ったか2020年の予測を立てて短期的な勝負をしてみました。それにより被害を拡大させてしまいました。私の2020年の予測では前半に日経平均株価で26,000円程度まで上昇すると考えてました。なので、日経平均株価連動の上場投資信託を購入してしまったのです。しかも、300万円以上も投入しました。

これは、明らかに失敗です。自分のルールを無視してギャンブル的な投資をしてしまったのです。しかし、もう過去に誤った判断をしたことを後悔しても仕方ないです。なので、そのまま持ち続けることにしました。しかし、この判断も大きな含み損を抱える結果になりました。(笑)本当に投資は恐ろしいです。

楽天スーパーポイント投資も大きな損失となっています。

少し余談ですが楽天スーパーポイントでポイント投資が出来ます。楽天証券が実施している楽天スーパーポイントを使って株を購入することが出来るというのがあります。しかし、それとは違います。楽天スーパーポイントを使って架空の投資が出来るサービスのことです。架空と言っても実際に株価が上昇すると楽天スーパーポイントも増え、逆に下落すると楽天スーパーポイントのポイントが減ります。

80,000ポイント以上あったのが71,530ポイントに下落

少し、面白そうと思い80,000ポイント以上を投資してみました。しかし、こちらも新型コロナウイルスの影響で大暴落しています。正確には覚えていませんが、82,000ポイントぐらいを投資して、今は71,530ポイントになってしまいました。−13.9%の損失のです。本当に踏んだり蹴ったりです。

最後に

今月は株価の歴史的な暴落に見舞われました。個人的にも想定以上の被害があり、びっくりしています。しかし、現状を把握するにはいい機会でした。これを読まれている個人投資家の人の中にも含み損を抱えてしまっている人がいると思います。しかし、投資をするということは、含み損を抱えることに耐えなくては行けない時もあるのです。下がったものはいづれ上がると信じて配当再投資を繰り返すことが肝心です。いちばん大切なことは、自分で決めたルールは必ず守るということです。