雑記

デート商法にひっきりかけたお話(昔の話しですが詐欺には気をつけてましょう)

詐欺の被害は精神的にも負担が大きい

若い時は人生経験も浅く失敗することも多いと思います。自分の人生経験のためになる失敗はいい経験ですが、詐欺などの被害にあう経験はできれば避けたいものです。詐欺の被害は経済的な損失だけでなく精神的な被害も大きいです。経済的な損失は、よく勉強代などといいますが、精神的な損失はなかなか回復しないものです。すぐに頭を切り替えられる人でない限り、長い間、嫌な思いをします。なので、少しでも詐欺被害に遭わないためにも、過去に経験した詐欺の手口について書きたいと思います。若い時に経験した被害なので手口的には古いかも知れません。しかし、似たような手口は今でもたくさんありますので参考になりましたら幸いです。

デート商法という手口

昔、少し流行りましたデート商法の手口になります。ただ、詐欺被害と言うより、詐欺被害に遭いかけたがより正確です。あれはゴールデンウィーク前の日曜日に家に居たら知らない女性から電話がかかって来ました。
なぜか、私のことを知っていて、しかもゴールデンウィークに予定があるかと聞いてきました。もちろん、さえない私は彼女がいるわけでもないので予定などありません。

異性に相手されない暇な人間を狙う

予定がないと告げると一緒に遊ばないかと誘いを受けました。少し怪しさはありましたが、女性から誘いを受けて悪い気はしません。しかも、私のことを知っていたので、どこかでお会いしてるのかもと思ってしまいました。しかも、ゴールデンウィークは予定がないどころか暇だったので少し嬉しくなってしまい誘いを受けることにしました。
そして、待ち合わせをしました。しかも、私は当日まで少しは嬉しくなっていました。
待ち合わせの当日、現地に行くと一人の女性が待っていました。早めに待ち合わせ場所に行ったのにもう、待っていたのです。

きれいな女性が相手してくれる

女性は清潔のある少し可愛い感じの綺麗な人でした。想像以上の女性だったので少し緊張しながら軽く会釈をしながら挨拶をしたのを覚えています。そうすると向こうは10年来の友達かと思うぐらい気さで明るい笑顔で話しをしてきてくれました。そこではっきりと分かったことは、まったくの知らない人でした。

お茶をしながら本題に入る

どういう人か分からなかったので近くのカフェでお茶をしながらお話をしました。相変わらず気さくな感じで話しかけてきてくれて、いろいろなことを聞かれました。趣味やら休日は何をしているかなど。
しばらくお話をした後、絵などが好きかと聞かれました。絵は好きなほうなので、好きだと答えました。
そうすると近くで絵画展をやっているので一緒に見に行こうと誘ってきたのです。このころには、楽しい気持ちになっており、「一緒に」の言葉の響きが胸踊り、行ってみたいと思ってしまっていました。

相手の戦場に自ら喜んで行ってしまう

カフェを出て彼女の示す方向に足を向けて歩いて行っていたら、急に彼女の方から腕を組んできました。はたから見たら不釣り合いなカップルに見えたことでしょう。こんな経験のない私は腕を振り払う必要もないので、少し上機嫌で絵画展に向かっていました。そうすると、ほどなくして何か怪しげなビルに到着しました。
彼女はこのビルの4階で展覧会をやっていると言ってきました。普通に一人で来たら決して足を踏み入れないようなビルです。しかし、彼女と一緒にいるという高揚感から、何の警戒心もなく4階のエレベーターのボタンを押しいました。

怪しげな絵画展

4階にエレベーターが止まり扉が開いたらすぐに絵画展の看板があり、前にはホストのような格好をした男性が立っていました。そして、満面の笑みで会場へと誘導してくれたのです。会場の中に入ると私のような不釣り合いのカップルが数名、一緒に壁に飾られたラッセン風の絵画を見てました。
この辺ぐらいから私の中での高揚感から不安が少しよぎり始めていました。しかし、なぜか彼女が一緒にいるという安心感はありました。

いよいよ本題に入りだす

彼女は笑顔をたやすくことなく楽しそうに話しかけてくれ、絵の価値について説明してくれてました。そして、しばらくして彼女からこの絵欲しくない?って聞いてきたので苦笑いしながら曖昧な返事をしたのを覚えています。
正直、絵などをおしゃれに飾るほどの家に住んでないし、どれも数十万円するものばかりなので、私には正直、必要のないものです。しかし、彼女の促すような言葉にキッパリと断ることが出来なかったのです。

一度、相手の会場に入ると逃げ出せない

そして、このぐらいからこのビルからどうやって帰ろうかと考え出していました。しかし、彼女のすすめる声と入り口のホスト風男性を振り切って、スタスタと帰る勇気もなく何となく話しを聞きながら時間が過ぎて行きました。
彼女はこの絵は将来価値が上がるとか、本来ならこんな値段では買えないとか言ってくるようになっており完全に営業トークとなっていました。

もてない男の感情

しかし、それでも彼女に対して悪い感情は芽生えず、なんか彼女は嘘をつくような人ではないので本当に価値があるのかなとすら思えてきていたのです。少し前に会ったばかりの女性なのにこれほど信頼してしまうので、人間って不思議なものです。
しかし、私はどうしても買うまでの結論には至らずお金がないといろいろ言い訳をしてました。
すると彼女は良い方法があると言い出し奥の部屋に行くように促されました。言われるがままに奥の部屋に行くと不釣り合いなカップルたちが何人かテーブルを挟んで座っておりテーブルには何か契約書のようなものを見ながら話しをしてるようでした。

ついにローン契約をすすめられる

私も空いているテーブルに座らされ彼女からは今、買わないと損をするとか必ず価値が上がると同じようなことを何べんも話してきたので、正直にお金がないと告げました。
すると彼女はローンで払えると言い、一枚のローン契約書を机の上に置いたのです。
ここまでくるとさすがにつらくなってきました。しかも、彼女はご丁寧なことに印鑑まで用意してくれていたのです。
しかし、私はどうしてもローンを組みたくなかったのでひたすら抵抗してました。時間はどんどん過ぎて行き最後には男の人が現れて女性に状況を確認しだしたのです。

デート商法の本質

私はセールス相手が男の人に変わるのかと思いましたが、そこはデート商法です。男の人は、急に私の相手をしてくれている女性を怒鳴りつけだしたのです。おまえは本当にダメだ!とか、ノルマをどうするのだ!というようなことを真剣に怒り出すのです。
モテない私は、自分のせいで彼女が怒られていると思い何とかしたいと思ってしまったのです。
今日、会ったばかりとは言え腕に手を組んでくれたり、仲良く話をしてくれたので、少しだが好意が湧いてしまっているのです。これは女性に慣れている男性には分からない現象だと思います。それなので、自分がローン契約さえすれば彼女が喜んでくれると錯覚しだすのです。

現金購入を約束する

私の場合、たまたま絶対にローンは組みたくないという性格だったので、現金で一括購入すると言いました。だけど、今、現金を持っていないのでATMから下ろしてきます。と言ったら彼女たちも喜んでくれました。そして、彼女もATMまでついてくると言ったので一緒にATMまで行きました。そして、現金50万円という大金を下ろしたのです。そしたら急に冷静になりました。※当時はこれがほぼ全財産だったと思います。
ATMを出たところで彼女が待っていましたが完全に無視して帰って行きました。

恋愛感情は間違った判断をしやすい

その時、何とか正気を取り戻したから良かったですが、少し前までは本気で絵を買おうとしてました。今、思えば本当に良かったです。この経験から言えることは、人は恋愛感情のもとでは間違った判断をしてしまいがちです。
恋愛感情を利用した詐欺には結婚詐欺などもあります。これも、何で?というくらいの大金を騙されたりします。はたから見たら何で?と思うかもしれませが、ご本人は真剣です。好きな人のために何とかしたい、力になりたいと思うのは当然です。しかし、お金が絡むとと少し冷静になった方がいいです。本当にこの人は信頼できる人なのか?を必ず考えて下さい。少し冷静になるだけでも違います。