投資

今更ですが「つみたてNISA」をやっていない人は「つみたてNISA」をやった方がいい

アクティブファンドよりインデックスファンドが有利

投資の世界の常識ですがアクティブファンドの平均成績はインデックスファンドに負けています。しかし、アクティブファンドでもインデックスファンドにパフォーマンスが勝っているものがあるのも事実です。でも、これは一部の期間をを見た時にそうであって今後、永遠にそのアクティブが常に勝るとは限りません。

インデックスファンドに勝るアクティブファンドは買えない

なので、一般の人が(恐らくプロも)事前にインデックスファンドに勝るアクティブファンドを見つけるのは不可能に近いです。また、過去のアクティブファンドの成績を元に、今後のインデックスファンドに勝るとは限らないです。なので、過去の運用成績をみてアクティブファンドを購入するのも馬鹿げています。

過去の運用パフォーマンスは将来と無関係

株式投資の常識として過去の値動きは将来の値動きにまったく関係ありません。将来の値動きは現時点の情報で判断するしかないのです。しかし、金融機関の営業マンは過去の運用パフォーマンスを強調してアクティブファンドを売ろうとするので気をつけて下さい。その場で過去の運用パフォーマンスは将来の運用パフォーマンスを保証するものではないですよね。と正論で反論しても無意味ですので基本的に無視でいいです。あえて嫌われる必要もないし営業マンに付き合う必要もないです。

アクティブファンドの最大の弱点は手数料

アクティブファンドのもう一つの悪い点はインデックスファンドよりアクティブファンドの方が運用管理手数料が高いことです。手数料は運用パフォーマンスに大きく影響します。なので、それだけでもインデックスファンドより不利です。金融機関を設けさせるだけですので、個人投資家はアクティブファンドを投資対象から早めに外すことが重要です。

アメリカはインデックスファンド資産比率が増加傾向

このことは世の中的にもだいぶ理解が進んでおりインデックス投資が日本でも人気が上がってきています。すでに投資の先進国であるアメリカでは、インデックスファンドの占める比率が急拡大しています。

投資の神様もすすめるS&P500

あの投資の神様であるウォーレン・バフェット氏も妻に対して相続のための信託で

・S&P500に連動するインデックスファンドへの投資

を薦めています。

これの大きな理由は、高額な手数料をとる投資信託より長期的には優れた結果を残せると述べています。

インデックスファンドから好きなものに投資すればよい

私もインデックス投資の方が実質的に優れていると分かっていましたが、国内のTOPIX連動型中心のインデックスに投資しておりました。こちらの商品も悪くないと思いますが、最近では米国株にシフトしております。

インデックスファンドにもいろいろと種類がありますので自分で判断していいものに投資したら良いと思います。パフォーマンスに大きく影響するのは手数料だと認識しているといいです。

米国株にシフトしている理由

私が米国株にシフトしているのは米国企業の経営者の方が日本企業の経営者より株主に対して責任を持っているからです。米国企業の経営者は株高に向けた経営を積極的に行います。特に自社株買いも日本より積極的に行い株主に還元しようとします。

経営者の成功報酬が影響しているのでは

といいように書きましたが、恐らく米国企業経営者の報酬体系が時価総額をいくら上げたかとかになっているのではないでしょうか。株価に対して報酬も変わってくるなら自社の株価が上がるような経営を積極的に行うはずです。

米国株が優れているとは限らない

逆に言えば意図的な株高の経営を行っていたとしたら、今後、株高の伸びしろが少ない恐れもあります。なので、今後、米国株が日本株より優れているとは断言出来ませんので、ご注意下さい。念のためですが、私が、米国株にシフトしているからと言って日本株を売り払ってないことは記載しておきます。

「つみたてNISA」をやっていない人はやりましょう

さて、ながながと書きましたがここからが本題です。「つみたてNISA」をまだやっていない人は「つみたてNISA」はぜひ、やりましょう。インデックス投資を「つみたてNISA」で始めるには最適です。

制度的には

(1)年間の投資可能額上限は40万円

(2)税制優遇期間は20年間(この間の利益に対して非課税)

(3)投資を途中で売却・換金した場合、その分の非課税枠は復活しない

(4)定期的な積立投資を行う

となっています。

ドルコスト平均法は意味がない

本来、投資はまとまったお金があれば一気に購入した方がいいです。ドルコスト平均法やタイミング投資はあまり意味がありません。なので(4)の定期的な積立投資を行うのはあまり意味がありませんが、毎月一定額を貯蓄している人はこれを投資に向けるのがいいです。一般的な家計を考えたら月の収入から投資を行うでしょうから定期積立で投資するのも悪くありません。意図しないドルコスト平均法を取ることになるだけです。

インデックス投資も長期投資が前提

インデックス投資が手数料的に有利と言ってますが、長期投資しないと意味がないです。投資の基本は長期投資をして複利効果を最大限に生かさないと意味がないのです。なので、一度、購入したら二度と売らない覚悟で購入した方がいいです。

「つみたてNISA」の対象商品はインデックスファンド

そういった意味でも「つみたてNISA」で購入する商品はインデックスファンドにするのが一番です。「つみたてNISA」の制度的にもインデックスファンドに投資するのが向いています。しかし、「つみたてNISA」の対象商品にアクティブファンドも含まれています。インデックスファンドの方が圧倒的に数が多いのが救いですが、アクティブファンドを少ないながらも含めるのは金融機関のやらしさが見えます。